ガエル記

散策

結婚

日本崩壊の前奏

いよいよ日本国がガタガタに崩れていく予兆が見え始めてきた気がします。 無論そんなことはとっくにわかっていたし見えていた、と言われてしまうでしょうけど今まで何とか見えないふり、気づかないふりをしていたものが誰にでも見えて気づいてしまうようにな…

『ゲーム・オブ・スローンズ』最終章 鑑賞完了 その2

昨晩書いた記事は特にネタバレもしてなくて単にティリオン・ラニスターがいかに魅力的で稀有なキャラクターか、ということを述べただけになってしまいました。眠かったのであれが精一杯でした。(夜9時はもうおねむ) とにかくティリオンがこの物語の主役、…

沼田真佑著『影裏』を読み解いていきます。その5

コールマン灯、こんな感じなのでしょうか。 続きます。 以下、ネタバレというか自分流解釈をしています。 昨日の解釈から変化しています。 『影裏』の一人称主人公「わたし」今野秋一は両性具有であり、以前は女性として生活してきました。 名前は男性のよう…

沼田真佑著『影裏』を読み解いていきます。その3

続けます。 本書『影裏』実質90ぺーじほどのごく短い小説なのですが読んでいくには時間がかかるのが判ってきます。 多くの読者が前と繋がらなくなってしまい「あれ?」となって前に戻って読み直す、男なのか女なのかよく判らなくなってもう一度確かめてし…

再び『少女革命ウテナ』

最近BDダビングが上手くいかないことが多くてそれに気づかぬまま後でまとめ見ようとした時にやっと気づいてorzが続いています。たぶん機器がもうヘタってるんですね。 こともあろうに『進撃の巨人』の数話がそうなってしまい、今回仕方なくdアニメストアで鑑…

BS1スペシャル「戦争花嫁たちのアメリカ」と『ゼロの焦点』

www.nhk.or.jp 本当に何も知らないまま生きていてこの年齢になって初めて知る、ということばかりなのですが最近になって読んだのが松本清張の本『ゼロの焦点』でした。 (以下『ゼロの焦点』のネタバレになりますのでご留意ください) その中に「戦後、日本…

『DEVILMAN crybaby』湯浅政明

youtu.be 久しぶりにまた観ました。 永井豪原作マンガが大好きな私ですが、(あのへんてこな昔のアニメも大好きです) 湯浅監督『デビルマン』は素晴らしいリメイクで圧倒されました。 いろいろネタバレです。 ご注意を。 今回はタイミング的にキュアロン監…

『ROMA/ローマ』 アルフォンソ・キュアロン 5

昨日まで映画を追って感想を書いていきましたからここからちょっと雑感を。 ネタバレになりますのでご注意を。 他の方のレビューでいろいろ考えさせられます。 絶賛に対して「つまらない」という意見もちらほら。私にはこんな波乱万丈な、という物語も他の方…

『ROMA/ローマ』 アルフォンソ・キュアロン 4

続けます。 ネタバレですのでご注意を。 真面目でおとなしいクレオと関係を持ち、妊娠した彼女を罵倒して逃げたフェルミンは暴動を起こした一人でした。彼に銃を向けられたクレオはショックで破水し、子供は死産でした。 場面は静謐な屋敷に変わります。穏や…

アーキタイプとステージで『この世界の片隅に』を読む 3

『新しい主人公の作り方ーアーキタイプとシンボルで生み出す脚本術」キム・ハドソンのテキストを参考にしながら『この世界の片隅に』のすずを読み解いています。 昨日の続き参ります。 ステージ【8】枷を手放す ヴァージンは未来へ飛び立つため、過去から抱…

「この世界の片隅に」こうの史代・片渕須直 その1

他の映画のレビューを書こうかと思っていたのですがやはり今先日テレビ放送があったこのアニメ映画について書いてみたくなりました。 まずはこのアニメ作品が作られた意義は特別なものだと思っています、と書かないわけにはいきません。ということはこれから…

どろろ」新旧比較してみる その6

今日も「どろろざんまい」参ります。 さてアニメ新版では14話「鯖目の巻」15話「地獄変の巻」となります。私がダビング失敗(タイトルと時間表記出てるのに中身が真っ黒だったという)で見損ねた二つの回ですがちょうど2話構成になってて、しかも新版として…

「どろろ」新旧比較してみる その3

お父さんの造形かなり違いますなー。 さてさて、どろろざんまい、続けますよー。ネタバレだらけですのでよろしくです。 「どろろ」の物語で印象的なものは前回書いた百鬼丸とみおの悲しい恋の物語です。 これはアニメ旧版・マンガでは百鬼丸がどろろと出会っ…