ガエル記

散策

『如懿伝 〜紫禁城に散る宿命の王妃〜』25

86話まで鑑賞。

ミステリーとして最高傑作なのではとも思う。

 

 

ネタバレしますのでご注意を。

 

 

如懿の推理脳が冴え渡る。

 

炩妃も若い頃はドジで知恵が足りない可愛い娘だったのだが。

どの時点かで押し留めることができていたらと考えてしまいます。

 

明晰な如懿も狡猾な炩妃に追い込まれてしまいました。

しかしその人柄を愛されたゆえに強いネットワークを持つことができたのです。

李玉、江侍医その妻惢心、惢心の後を継いだ容珮、凌雲徹、寒香見はじめ如懿を慕う妃嬪たち、特に如懿を姉と呼ぶ海蘭は友情を越えた信頼と愛情をもっていてその心と行動に打たれます。

最初は気が弱くいつも泣いていた海蘭が如懿を守るために次第に強い意志を持つようになり誰よりも気丈になった姿に見惚れてしまいます。

 

炩妃は恐ろしい毒薬で生きながら苦しみ続ける、という刑を与えられ確かに壮絶ではありますがこの刑を処することが果たして腑に落ちるものなのか、とも思えます。

 

如懿との復縁を願う皇帝は出来得る限りの態度で如懿と再会しますがその時如懿に言われた言葉は「蘭因絮果」というものでした。

「美しい関係も長い時間の中で起きる様々な事により壊れてしまう」という意味であり李玉に問われた皇帝は「男女の仲の良いのは最初だけということだ」と答えます。

 

この言葉を検索してもほとんどヒットしないのは日本語で使うことが皆無だからですね。

長い物語の最後にこの言葉が使われるとは。

まだ後一話がありますがなんと悲しい結末なのでしょうか。

 

 

『如懿伝 〜紫禁城に散る宿命の王妃〜』24

82話まで鑑賞しました。

 

ただただ侘しい。

 

 

ネタバレしますのでご注意を。

 

 

現在の中国が作る歴史ドラマなのでどうしても歴史上の皇帝と皇后というよりは庶民の夫婦喧嘩に思えてしまうのです。

とはいえそれがいけないわけではなく一つの見え方であり演出だと思います。

先日観た シャルル・ド・モー監督作品『背徳と貴婦人』での皇帝と皇后はやはり異国人の視線でありました。

不思議な異世界の住人を見るようなファンタジックな演出で清の皇帝と皇后を描いたのです。

しかし本作は当たり前に存在する人間たちです。

同じ東洋人ではあれど現在日本人から見る清の後宮の生活は不可思議でもありますが西洋人よりは共感できるのかもしれません。

とはいえ宦官はどうしても恐ろしすぎると思いますが。

 

本作での皇帝と皇后は意地の張り合いです。

「どうして優しくしてくれないのか」と互いに互いを恨んで憎んでいる様子は現代人とまったく相違ない。

だからこそ人気作品となったのでしょう。

 

若さを売り物にしていた炩妃もすでに40歳を越えた様子。

年老いた男女の愛憎劇になってしまいました。

このもの悲しさはなんでしょうか。仲良くしなければいけません。

しかしどうしても仲良くなんかできない人間たちのアンニュイな雰囲気がこのドラマの主旋律なのだから仕方ない。

『如懿伝 〜紫禁城に散る宿命の王妃〜』23

79話まで鑑賞。

最もむかむかするパートです。

 

 

ネタバレしますのでご注意を。

 

 

 

命懸けで皇后を守った凌雲徹の行動を見た皇帝は激しい嫉妬に燃え上がる。

ここは確かにその通りなんだよね。皇帝は自ら皇后を如懿をかばい守るべきだった。

しかしどーせ「皇帝は我が身を尊ばねばならぬ」的なガードがあるために愛する女性を守り切れなかった。とはいえ女性なら捨て身で自分を守ってくれる男性に惚れるのは当然。すなわち皇帝はここで如懿が自分の男性としての価値を値踏みしたに違いない、と思ったわけです。

けどここで如懿が皇帝に抱きついて「やはりあなたが皇子を守ってくださった」と言えばよかったんじゃないかな、とは思うのですよ。だってそれはその通りだしね。自分では息子を守り切れなかったのも事実で皇帝が駆け付けたのは事実だし。我が子の安全のために「よかった、あなたがいて」というのは確かだと思うんですが。

が、とにかく如懿の心はそちらにはいかなかった。

そしてその後如懿の気持ちと行動で割を食ったのは凌雲徹です。

これも本当に如懿が彼を愛していたのなら彼を守るため徹底的に好意などないと演じきったはずですがそんな気持ちはないために却ってゆるい態度をとってしまったのです。

一方凌雲徹は本気で如懿を想っていた。ためにこの場所から逃げ出そうともしなかったのです。

この物語は結構おかしいな、と思うところが多いのですがしかし現実でも「なぜそんな」ということはままあるとも思う。

 

そしてこれは現実ではあまりないかもの方向へと進みます。

 

嫉妬の鬼となった皇帝は凌雲徹を去勢し宦官にしてしまうのです。

やはり皇帝は凌雲徹の「男らしさ」に嫉妬した。ためにその男性をもぎとってしまったのです。

これはその前に寵愛した寒香見に不妊薬を飲ませたのが如懿だったからという布石があります。

「お前が私の愛人を不妊にするなら俺もお前の愛人を不能にしてやる」としっぺ返しをしたのです。

なんかもうどこまで心の狭い男なんだこの皇帝。ちっちぇえ。

 

その後いつもの炩妃と進忠の悪だくみコンビによってさらに皇帝が嫉妬するような餌が仕掛けられまんまとはまった皇帝は怒りのあまり凌雲徹を拷問で殺害しようと決断します。

 

如懿が追いつめられていく様に耐え切れなくなった海蘭は自ら凌雲徹に窒息の刑を処す。

 

『如懿伝 〜紫禁城に散る宿命の王妃〜』22

75話まで鑑賞。

長い道のりかなり来ました。

 

重苦しいパートです。

 

寒部から来た寒香見の美しさ気高さに魂を奪われ前例のない特別な寵愛を向ける皇帝。香見が皇帝の愛情と権力に気づくようイスラムの寺院と住居を建立し寒部の弱き人たちを呼び寄せて都に住まわせたうえ自ら寒部の衣装まで着用して靡かせようとする。

それでも折れぬ香見に皇帝は皇后・如懿に「彼女を説得するよう」頼み込む。

皇后としては務めを果たしても妻として虚しさを感じながら如懿は香見に話しかける。

香見は心は今も愛する許婚と共にある、と言う。如懿はその一途さにかつての青桜と弘歴を見た。

ついに夜伽を果たしたものの香見は如懿に「不妊の薬」を求める。折しも皇太后も同じことを考え如懿にその薬を託した。

(この部分、皇太后は別の人に託せば良かっただけなのでは、と思う)(しかしまあ、そういうこともあるかもね)

香見が不妊薬を飲んだことで皇帝の寵愛は途絶える。

 

物語の流れとしてなのかもしれないけど、憑き物が落ちたような皇帝の態度はおもしろい。やはり「子供を作る」ことが皇帝の使命だから不妊になったという事実を知らされるとやる気が(失礼)起きなくなるのかもしれない。自分が飲ませていた時は平気なのに。

 

が、不妊薬を香見に飲ませたのが皇后・如懿だったと知って皇帝は激怒し彼女を平手打ちする。

それを見た皇太后が止めに入り押しとどめたが皇帝の怒りは収まらず如懿を遠ざけ炩妃に後宮を取り仕切るように命ずる。

 

これによって炩妃の寵愛と権威が復活以上のものとなっていく。

 

皇帝と如懿のやり取りは普通の夫婦の問題とまったく同じなのです。

互いが自尊心を傷つけられ「なぜ優しくしてくれないのだ?」と不満を持ってしまう。傍から見ると少しだけ引いてみれば、というだけのことなのですが。

 

そこへ行くと炩妃の思いは皇帝への愛情ではなく権力願望なので折れたり引いたりするのは何の問題でもない。目標は愛情ではなく権威であればなんでもできてしまう。

だから如懿も目的が別のところにあればよかったのでしょうけど。

物語はさらに嫌な方向へ行きそうです。

 

凌雲徹、悲しい男である。

 

『如懿伝 〜紫禁城に散る宿命の王妃〜』21

71話まで鑑賞。ここのパート、面白い!

 

ネタバレしますのでご注意を。

 

 

 

寒部から送り込まれてきた香見公主のあまりの美しさとエキゾチックなダンスに皇帝は魂を奪われてしまう。

しかし香見には許婚があり彼女は無理やりその仲を引き裂かれての妃候補だったために皇帝の前で自害しようとする。

その激しさにも打たれたのだろうか、皇帝は即座に香見を寵姫に住まわせるとされる承乾宮を彼女に与える。

一部始終を見ていた妃嬪たちはこれまでにない皇帝の露わな発情に驚いてしまう。

周辺部の妃を娶ることを勧めていた皇太后、そして冷静な皇后もこの時は動揺を隠せなかった。

 

中国歴史ドラマを観ているとしばしば登場してくるのが周辺部の話です。

寒香見の出身地は「寒部」とされていますがじつは回部つまり今問題のイスラムウイグル自治区を指すのです。

香見のエキゾチックな容貌や衣装そして踊りに現れているのですがさすがにそのままウイグル自治区と名称し難いので「寒部」という仮名にしているのに違いありません。

美しい香見が皇帝に簡単になびかず寒部の食事や同族の女性にしか心を開かないのもそうした社会情勢を表しているのでしょう。

 

皇帝は執拗に異国情緒の美姫を我がものにしようとあの手この手で誘いをかけます。

その中、寵愛を失って長くなる純妃は肺の病に苦しみます。その様子に心を痛めた第三皇子は父帝に「病気の妻を見舞いもせず皇帝が妖女である寒香見に耽溺すれば清は滅びる」と嘆願します。痛いところを突かれた皇帝は激怒し純妃親子を謀反人として離縁すると罵倒します。

第三皇子と純妃は悲嘆に倒れます。

これを知った妃嬪たちは雨の中跪いて皇帝に遺憾を訴えるのです。

 

これは革命です。

このようなことが歴史上事実としてあるのでしょうか。

このドラマは破格の費用をかけたという超豪華製作ですがその大金を捻出するためには国に認められなければできないはず。

まばゆいほどの豪奢な美術を駆使したドラマですがこうした皇帝・後宮システムに対して非常に批判的な物語となっていることがにじみ出ています。

私自身皇帝や後宮に賛成する意思はないのでまったく問題はありません。

そしてついに革命が起きてしまいました。

しかもウイグル自治区まで関係してくるという中で。

 

若く美しい寵姫もやがては飽きられ見捨てられます。自分の妻たちが雨の中跪き訴えていると聞いても皇帝は怒りを覚えるだけです。

 

さてどうなりますか。

 

『如懿伝 〜紫禁城に散る宿命の王妃〜』20

これって母親を見捨てる冷酷非情な女、という演出なのかもしれませんがこれほどむかむかする毒親こうなって当然と私は思ってしまいます。

 

ネタバレしますのでご注意を。

 

 

この母親の登場で炩妃=衛嬿婉のキャラクターに共感ができます。

多くの物語のヒロインで頻繁に設定される「貧しい少女だったが持ち前と知恵と勇気で上り詰めていく」というものがあります。

本作の衛嬿婉がまさにそれですが主人公でないためか貧しい生まれ育ちの弱点が露わになっています。

衛嬿婉は知恵と勇気そして美貌は持っていますがどうしても「幼い頃から仕込まれた教養」だけは如何ともしがたい。そして親兄弟の粗暴さ無教養をどうすることもできません。

視聴者の方々も衛嬿婉には「浮いてる」と反感を持つ人が多いようですが他の妃たちはさすがに皆それなりの家柄の方々です。侍女だった阿箬ですら父親の活躍を観てもある程度の家だったのです。

衛嬿婉はまったくのド庶民。しかも母親は息子ばかりを可愛がる毒親で歪んだ価値観を持っていても仕方ない。男の愛情だけが自分を守ってくれる、と信じているのが衛嬿婉です。

この人格は悲しい。

これまで母親から子供を取り上げてしまうのは惨い、と書いてきましたが衛嬿婉から公主(娘)を取り上げて穎妃に育てさせるのは良かったのではないかとさえ思ってしまいます。

衛嬿婉は知恵はあるかもですがとにかく無知無教養。

無知は恐ろしいのです。

 

そしてこのパートでは如懿の才覚が再び煌めいて楽しかった。

やはり如懿は「攻撃は最大の防御なり」を実行している時に痺れます。

海蘭と二人並んで歩いている場面は現代のバディ刑事もののようでしたw

 

炩妃は再び衛答応に降格されしかもお付きの宦官が拷問を受け取り調べられる。

危機を察した衛嬿婉はとっさに皇帝の長女のひとり息子を助けるという荒業に出る。恩を感じた和敬公主は義母・如懿への反感もあって衛答応を助けるよう父・皇帝を促す。

和敬公主は皇帝にとって最も可愛い娘でもあり遠地へ嫁がせ不幸にしたという意識も手伝う。しかも孫の命を救ったという衛答応に攻撃は鈍る。

 

運もある。

『如懿伝 〜紫禁城に散る宿命の王妃〜』19

64話まで鑑賞。

 

ネタバレしますのでご注意を。

 

 

 

容珮の平手打ちの破壊力。凄まじいな。

 

長い間傲慢を見せつけてきた嘉妃がついに失墜していく。

もともと玉氏への配慮でわがままが許されてきたのだが嫡子の娘への加虐と皇太子への野望が見えすぎるようになりついに皇帝の堪忍袋の緒が切れてしまう。

しかし最後まで嘉妃の気の強さは半端なく感心してしまいます。

すべては玉氏一族というよりも王への恋慕だけで耐え抜き戦い抜いてきたのです。しかも途中で一瞥もくれぬ悲しみを味わいながらよくぞここまで、と思わずにはいられません。

そして落ちぶれた嘉妃・・・ではなくもうただの庶人となった金玉研はその王に「一族のものではない」と見捨てられ死を選ぶのでした。

 

嘉妃の失墜はそのまま皇子たちの絶望となっていきます。

あれほど皇帝に気に入られていた第四皇子はなんと養子に出され縁を切られてしまうのでした。

一方入れ替わるように炩妃は寵愛を受け念願の妊娠を果たします。

しかし皇后が三人目の妊娠。

無力を感じる炩妃は産婆である田氏を買収し皇后のお産に陰謀を企むのでした。

 

虚しさだけの人生だ。

 

皇帝は過行くにつれ愚かになります。もはや男の魅力はなにもない。

如懿は相変わらず賢婦人でありますがそれゆえに皇后となった今はおとなしくなるしかなく心の声のように海蘭が活躍していきます。