ガエル記

散策

『ミス・メドウズ』カレン・リー・ホプキンス

f:id:gaerial:20201031064436j:plain

とても面白い映画でした。

ところがレビューを見てみるとかなり低評価でしかも呆れ果てたという感じが多くてちょっと驚きました。

 

ネタバレになります。ご注意を。

 

 

 

 

実にアメリカ的な女性のアメリカ的な物語、と私は思いました。

自分の個性を隠すことなく正義をモットーにして実行する。そんな映画作品でした。

 

そういう女性の物語は日本ではまったく受けないようですね。もっともアメリカでの評価はわからないのですが。

 

確かに悪党と見ればすぐに撃ち殺す、という正義感は時に間違いを起こすという恐れもあるのですから臆病な日本人は疑問視してしまうのですがこれは映画という手法での問題提示なのです。

特に子供に暴力をふるう輩は速攻撃ち殺してしまえ、という彼女の行動には強く同意してしまう私です。

そう思いませんか?

 

そんな彼女が恋をしてしかも相手が保安官でもちろん彼女の殺人を咎めます。これまでこういう場合は理解できない彼氏と別れ・・・というパターンになりがちでしたが彼氏はミスメドウズを庇うことを選んだのでした。

 

ここで思い出したのは安冨歩教授が言ってた「アメリカ映画は必ず最後にどちらかを選択する、という場面がある」というものです。

もしかしたら保安官はその仕事を辞めたのかもしれません。

彼女の殺人は決して法的に許されるものではないのですが、人間としてやるべきものだ、とこの映画は訴えるのです。

 

日本人は「法を犯すなんて」「人を殺すのは間違っている!」とこの映画を叩くのでしょうが、子供を虐待する大人は殺されて当然です。

犬も虐待していたから百倍くらい殺されて当然です。

 

「実際には・・・」とさらにいう人は映画と実際の区別がついていないのです。

実際は無論このとおりにいくわけがありません。スーパーマンがいると信じているわけですか?

実際はこういかないから映画でこうして見せたのですよ?

 

とても女らしくて綺麗でおしゃれで読書好きのミス・メドウズ(今はミセス?)が正義の銃(ちっちゃいけど)をぶっ放すのはすかっとしました。

 

彼女の考えと行動を理解できない限り、日本の子供たちに幸福は訪れないように思えます。

子供を守るのは私たちなのです。

 

『ねじの回転』ティム・ファイウェル

f:id:gaerial:20201030054741j:plain

ヘンリー・ジェイムズ原作小説はいかにも私が好きそうなカテゴリなのにもかかわらずなぜかこれまで縁が無くて読まないままできました。

今回BBC製作の本作を観て今更ながら「これは!」とはまり込んでいますw

 

とりあえず小説を読まねばと思いamazonを除くとさすがに古典だけあって幾つもの翻訳が出ていて更に迷ってしまいます。

都合の良いことにkindleになっているので比較してみましたところ、「望林堂完訳文庫」の毛利孝夫翻訳が一番私好みだったのでこれを購読することにしました。

といっても翻訳は原書と読み比べなければどれが良い訳かはわかりませんが、私にはその比較は困難ですので自分の直感を信じたいと思います。

 

さて前置きが長くなってしまいましたが、肝心のBBC製作『ねじの回転』レビューを観てみると案外低評価なのですが私はとても気に入りました。

主人公の家庭教師アンを『ダウントン・アビー』のメアリ役ミシェル・ドックリーが演じています。その効果も相まっているかのようです。精神科医もメアリの夫だったのはちょっと笑ってしまいますが。

 

また脱線。

この作品が低評価なのはどうしても「よくある話」的印象が拭えないからでしょうか。

つまりヘンリー・ジェイムズ『ねじの回転』は現在のホラーやミステリーの原点となる作品だからなのでしょう。

その小説を忠実に映像化するとどうしても「よくある話」になってしまうわけですがすべてはここから始まったのですから仕方ないわけですね。

ゴーストストーリーであるよりも女性の勘違い、のほうに重点を置いているのが気に入らない方も多いようですが私はそちらが好きなのでここで評価が別れてしまうのかもしれません。

かつては女性が精神の抑圧を強く感じていたからこその物語でもあると思うのですが現在では若い男性がこの役を演じても良いように思えます。特に日本でなら。

 

三島由紀夫を考える


Huge Nihility: The World View of Yukio Mishima

 

三島由紀夫の考えが好きではない、どころか嫌いなのにもかかわらず三島についての話があるとつい見入ってしまうのはどうしてなのでしょうか。

 

若い頃は軍服ごっこをして自衛隊員の前で大演説して割腹自殺した奇妙な小説家、という印象しかなくて読むこともしなければ調べることもなかったのですが、年を取ってきてから、なのか三島由紀夫という人が気になって仕方ありません。

 

三島が亡くなった時の日本は経済成長の中にあって彼は日本が「日本人の心を無くした経済大国」になることを憂いていましたが現在の日本はすっかり落ちぶれ果てています。三島死後いくらもしないうちに日本の経済がここまで零落してしまうことは彼も予測していなかったのかもしれません。その上日本人の思考能力と精神は三島が予感した通り順調に低下していったと言えるでしょう。

 

とは言え私は三島由紀夫が理想としていた日本の伝統というものには(私が彼の理想を少しでも把握したとして、ですが)不気味さしか感じません。

三島自身も自分の「理想の日本」はもう葬るべきなのだろうと考えてもろともに死のうとしたのだろうと思います。

それでも生きて欲しかった、とも思いますがそれが彼の理想だったのでしょうね。

 

彼の小説は僅かに読んだだけですがそこに描かれた人物や考え方には反感しかありません。この動画の中で紹介される彼の小説と世界観にも反感しかありません。

それなのに三島由紀夫という人物と思想を覗き見ずにはいられないのはどういうことでしょうか。

彼はやはり日本の理想そのものだったようにも思えます。

小さくて弱い体で見栄を張り、奇妙に歪んだ思考を美しいと思い、大人になりきれない幼児性を持つ、彼は日本人のカリカチュアなのです。

彼自身それを自覚しそれはもう葬るべきだと考えたのではないのでしょうか。

 

時が過ぎ三島はいませんが彼には到底届くこともかなわない惨めに悲しい日本万歳者たちが最期の呻きをしているように感じます。

三島が考えた通り日本という国と日本人はもう地球上からなくなってしまうのかもしれません。

そこに住む人々が幸福に暮らしていけるのならばそれでいいんじゃないかと私は思っています。

 

『戦ふ兵隊』亀井文夫


Fighting Soldiers(1939)

f:id:gaerial:20201027055719j:plain

一月万冊、安冨教授から『戦ふ兵隊』の映画を教えていただきました。

昭和14年製作。日中戦争のなか戦意高揚のためのドキュメンタリーとして作られました。しかしその内容が戦争で家を焼かれ立ち尽くす中国人や日本兵士の悲惨な状況を映し出すものであったために上映禁止となりネガフィルムが焼かれてしまったと書かれています。

その後ポジフィルムが発見され貴重な歴史資料として認められることになったのですが本来の映像の一部は失われてしまったということです。

尚、音楽が今ドラマになっている古関裕而氏のものですね。

 

この映画は観ておかねばなりません。戦争というものの無惨さ無念さを垣間見れる貴重な映像でした。

 

この映画を撮った亀井文夫氏の人生も異色で興味深い方です。

f:id:gaerial:20201027055343j:plain

 

ソ連で学び映画美を追求しプロフィールを見ると作る映画が次々と問題を起こしているようです。しかしご本人は案外あっけらかんとした人物だったとも評されてもいるのですね。

晩年は「東洋人」という骨董屋を営まれていたというのも興味深いエピソードです。

パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト

f:id:gaerial:20201026065516j:plain

f:id:gaerial:20201026065533j:plain

パコ・デ・ルシア、素晴らしい音楽でした。

スペインの映像を観ているだけでも気持ちが良くなってくるのはどういうわけでしょうか。いいなあ。

 


映画『パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト』予告編

 

しかしフラメンコ奏者が憧れる歌手はやはりロマなのですね。

あの歌声を聞けば他は聞けなくなってしまうのです。

『親という名の暴力』小石川真実 その2

 

f:id:gaerial:20201026064430j:plain

 本著の書き手・小石川氏が生まれてすぐから母親そして父親からも精神を病んでしまうほどの抑圧を受け続け、成人してその異常性を非難し続けても彼らの考えをまったくかえることができず自らもその抑圧から逃れることができなかったことは恐ろしいとしか言えません。

 

こうしたいわゆる「毒親」の話はこれまでもいくつも読んできました。肉体的性的なものの場合は肉体そのものが耐えきれないので早く逃れることができるかもしくは死んでしまうのかもしれません。

精神的なものもその方法や程度問題もあるでしょう。

本著者の場合は本人にとって過酷でもある意味「生ぬるかった」ために人生を通して苦しめられることになってしまいました。

一気に死へ追いやられるか、じわじわと真綿で首を絞められるか。、どちらかを選べと言われてもどちらも選びたくはありませんが実際にそうした親の元に生まれてしまうのは子供が選択できることではありません。

こうした親にならないためにはどういう教育をしていくべきなのかよくよく考え実行していかねばなりませんがそれも今すぐできるわけではありません。

 

とりあえずある程度生き抜くことができたらば(世界中の子供が生き抜くことができますように!)逃げ出すしかありません。

本著著者も素晴らしい知力を持っていたのですが「逃げる」という発想を持てなかったのが残念です。

親を変えるのは無理です。

絶対に無理です。

子供にできるのは逃げ出すことです。

著者もせめて中学を卒業した時点で或いは高校卒か途中でも逃げてしまうことができたのなら(当たり前ですが)人生は変わっていたはずです。

その頭脳は別の方向へ使うべきでした。

 

もちろん学問はいつだってできます。

 

一月万冊で今一生さんが虐待を受けている子供が家出して自分だけで生きていけるような社会になって欲しいと言われていますが、ほんとうにそのとおりだと思っています。

 

昨日も書きましたが逃げ出さずにずっと親元にいた著者はもうどうにもならないほど精神を破壊されてしまったとしか思えません。この本の文章が優秀な頭脳の持ち主が書いたものとは思えないほど不気味な歪みを持っているからです。

この本を紹介してくれた安冨歩氏の文章は同じく親から迫害されていたと言っても文章がおかしいとは思いませんでしたがこの著者の文章にはもう救えないほどの偏りを感じます。

 

せめてこの方が10代の時に「逃げろ!」のサインを出すことができていたら、と悔やまれます。

しかしそれは言っても無理なことです。

この方はこの本を書くことで「親から虐待され続けた子供がどんな精神になりそれが文章にも表れる」ことを示してくれたのだ、と嘆くことしかできないのです。

 

小さな子供たちが親から虐待を受けないよう配慮し自分で生きて行けるような教育を施し嫌だと思えばさっと逃げ出せる社会を作りたい。

まずはそこを目指したいのです。

『親という名の暴力』小石川真実

f:id:gaerial:20201025071952j:plain

両親から精神的抑圧を受け続けるとどういう人格になりどういう人生を歩むことになるのか、ということを教えてくれる一冊でした。

タイトルの「暴力」は肉体的性的なものではなく精神的暴力なのですが精神的暴力というのは子供にも周囲の人にもわかりにくく、そのため長く続き本人の思考を歪ませてしまいます。

 

医師である著者は自分以上に両親の精神の歪みを見つけることになります。それもまた彼らの親たちから受けた精神的抑圧からくるものでした。

著者は両親に比べればまだ自覚できた自分に安堵していますが本著を読めばその文章の異常性は明らかです。

本人は「初めて書いた」ことと「書き始めたら記憶が押し寄せてきた」「どれも重要で削除できない」ことから膨大な記録になったと記していますが、些末な数字の記録や不必要な形容詞の多用を無くしてしまえばかなり文字数は減らせると思います。

ただ著者の精神の歪みがそこに現れていることを考えれば確かにこの長さが重要になってくるのです。

担当した編集者もこの異常性こそが本著の核になるのだと思ったのではないでしょうか。

例えば「叱られた」とだけでいい文章に必ず「こっぴどく」という言葉が付属するのです。

1ページに二度も「こっぴどく」という形容を使っているのもあって著者にとって「叱られた」ことがいかに「こっぴどい」ものだったかが伺われます。

他にも両親への思いが「吐き出す」「強く疑う」「判然としない」「極めて世俗的」「人格を否定」というような強い表現によってあらわされます。

必要のないほどの漢字の使い方もあるのですがそうした「過剰にきつい言葉」の多用がむしろあまり知性の無さを感じさせてしまいます。

もし著者が学歴や職歴を記していなければアカデミズムに憧れているが到達できなかった人物の文章と読んだかもしれません。

つまりそこまで著者の感性は破壊されてしまったのだ、ということになります。

 

もしかしたらご本人と対面しての印象はそうしたものではないのかもしれません。

しかし文章には内面が現れてしまうのです。

繰り返し使われる「激烈な表現」は平易な言葉では自分の苦しみは到底吐き出せはしない、という意味なのでしょう。

分厚い本の中にはひとりの人間の苦悩がこれでもかと圧縮されていました。

 

こうした子供を早い時期に救い出せることはできるのでしょうか。

 

 

たとえば「こっぴどく」という言葉が多すぎるのですが

 

著者の持つ優れた能力、勉強を楽しみ東大に入り医者となることができたのは親からの遺伝子と一応そこへ進むことができた生活を与えてくれたのは間違いないでしょう。