ガエル記

散策

『進撃の巨人』諌山創 The Final Season その2

f:id:gaerial:20210303052058j:plain

なぜ諌山創氏は『進撃の巨人』を描いたのでしょうか。こんなにも苦しみに満ちた物語を醜悪とも思える数々の作画を続けてきたのはなぜなのでしょうか。

私はそれを「戦争への恐怖」だと考えます。

「人々が憎しみあい差別し合い人々を虐待し迫害し続ける仕組みへの恐怖」です。

 

以下ネタバレしますのでご注意を。

 

 

 

 

 

 

進撃の巨人』においてのその関係性、マーレ人とエルディア人の関係性はぱっと見ナチスドイツとユダヤ人の関係性と重なります。

ゲットーを思わせる住居区域、印のある腕章を強制されている、白人と黒人のように外見だけではわからない、マーレ人もエルディア人も黒髪もいれば金髪もいるのだが「穢れた血」という理解しがたい差別をされていることなどがナチス時期のユダヤ人を彷彿とさせます。

しかしそこまで単純ではないのはすぐにわかってきます。

「巨人になる」という特性はマンガ的手法で当然ですが戦争の中で最前線に置かれる、「名誉マーレ人となるために必死で努力する」という設定はナチスにおけるユダヤ人ではなくアメリカでの白人支配下の黒人あるいはかつての日本の中での朝鮮・韓国人の立場を思わせます。

他の方のレビューを見ているとそれぞれ様々にマーレ・エルディアのモデルを考えられています。

中にはエルディア人が日本人だと主張する人もいるわけです。相当迫害を受けていると感じている方なのでしょう。

もちろん島国であることやアジア・黄色人でありながら「名誉白人」と言われて喜んでいる様を考えるとそう重ねてしまうのも理解はできます。

 

つまりはマーレ人・エルディア人のモデルは何?というより

マーレ人=支配者、エルディア人=従属者そして反逆者という図式で考えるのが妥当なのではないでしょうか。

日本人も時に支配者であり従属者であり反逆者でもあるといえます。

 

その図式には作者がこれまで見聞きした知識が詰め込まれていてしかもその深さ多様性に感心します。

その中でこれまで少年マンガであまり明確に描かれてこなかったのはやはり従属性のエルディア人であるライナーやガビそしてアニ、ファルコでありこの作品の中でもっとも語られるべき存在であると思えます。

 

従属性エルディア人の中にも極端に従属の意識を持つガビ、ライナーと比較してファルコのように少し離れた視点を持てる人間を配置してしまうのです。

アニはまた違う感覚ですしピークさんに至ってはまるきり達観しているかのようです。

 

私は日本人はアジアでの歴史からマーレ側と思っていました。

そのため日本人をエルディア人と考えてなかったのですがアメリカへの日本の対応はエルディア人のマーレ人への従属性に見えますし「名誉〇〇人」という称号をもらいたいために頑張ってしまう姿と重なります。

また壁の中で長い間平和でいたのをぶち壊され進撃していく姿もまた明治の日本のようであるわけです。

様々な国を重ねてもいろいろに考えられていくわけです。

そしてまたいつどのようになってしまうかはわからないのです。そしてどちら側になったとしてもそれは幸福ではありません。

 

だからこそこの作品が「戦争への恐怖」だと思うのです。

『進撃の巨人』諌山創 The Final Season その1

f:id:gaerial:20210302050137j:plainThe Final Seasonアニメも始まりもう一度これまで出たマンガを読みなおしていました。

なお私が読んでいるのは単行本になったものだけで雑誌掲載は読んでいません。

 

進撃の巨人』はいろいろな意味でこれまでにない価値のあるマンガ作品として歴史に刻まれるのはすでに決定していると思います。

初期はまだ特別に優れてはいても少年マンガらしい主人公の成長物語と思えたのが進行するごとにそれだけでは済まない深みに入り込んでいきました。

 

諌山創氏の絵に関しては誰もが「あまり巧くはない」と指摘することになるのですが、一方デザイン能力は秀でている、という特殊なアンバランスさがあります。

登場人物の数はおよそ数えきれるものではありませんが主要キャラクターだけでもかなりの人数になります。

それらのキャラクターデザインがかなり明確に描き分けられているのは驚きに値します。しかも突飛な髪形や造形ではなくリアルなデザインの中で描き分ける力はマンガ家でも稀有だと言えます。

特に少年マンガで女性を描き分ける能力は諌山氏が突出していると思えます。

絵の技術が高くないのに特別に描写が上手い、のです。

コミック一巻の絵を見返すとこれもまた驚くほどさらに稚拙に見えるのですがデザイン能力は極めて高いのです。

 

 

以下はネタバレになるかもです。

 

 

 

進撃の巨人』の特別性はまず女性の描き方が他作者とはまったく別質だということです。ここまで突き抜けた作品は初めてと言っていいのではないでしょうか。

 

 

 

ファイナルになっての驚きはやはり「ガビ」という少女です。

馴染みになってしまった初期キャラクターによる物語がいったん中断して新たなる展開のヒロインともいえるのが彼女ですがこれが凄い猛者でありました。

 

これまでも少年マンガ界は女性キャラを性的なサービスとして位置付けてきました。

これは御大・手塚治虫氏自ら「マンガの描き方」という本ではっきりと書かれていたことですから後輩者が従うのももっともかもしれません。

諌山氏も意識としてはそうなのかもしれませんが描写としては他の作家たちとはまったく違うものになっています。

ミカサ、アニ、ハンジ、ユミル、サシャといった初期女性キャラたちは皆強者ばかりでしたし、唯一可愛いキャラとして登場するクリスタ=ヒストリアは「一番悪い子」になる宣言をしてしまいます。

エレンをはじめ男キャラたちはその周りをおどおどうろうろしているようにさえ見えます。

新展開からのガビはミカサの強さとサシャむしろハンジの滅茶苦茶さを兼ね備えていますし、ピークの冷静さも着目ですが女性キャラを車力の巨人にしてしまう感覚も諌山氏特有の判断です。

 

そしてイェレナ。美貌であるのに男性と思わせる、という設定はやはり少年マンガの中では異質なのです。

『226』五社英雄、『激動の昭和史 軍閥』堀川弘通

f:id:gaerial:20210227071411j:plain

明治から昭和初期にかけての歴史をもっと学びたいと思っているのですが、ドラマや映画、マンガにしてもその時代が舞台になるものはかなり少ないのが実情です。

実写映像でテーマをもってまとめられているという点で映画は非常に良いメディアなのですが観たくなるものまた観ることができる作品は極端に少なくなってしまいます。

 

ちょうど226事件の時期になったのでまつわる映画を探したのですがこれほどの大事件にもかかわらず扱った映画で観ることができるもの少ししかないようです。つまり映画化ドラマ化されたことがあったとしても映像として残されてなければ現在では観られないわけですから。

 

とりあえずすぐに観ることができたのはこの2作品です。とはいえ『激動の昭和史 軍閥』は226が発端となっているだけでほとんどはその後の戦争を描写したものです。

五社英雄監督の『226』はタイトルだけあってさすがにそれが主体ですがどういうわけか各将校のそれぞれの妻とのやりとりに時間を取られていて面倒でした。

 

結局五社『226』は堀川『軍閥』の冒頭部分の意味でしかないと思えました。

映像的にも似通っていて真似したのでは、とも思えます。

 

もう一つ観たのが『NHKスペシャル 全貌 二・二六事件~最高機密文書で迫る~』でした。

これを観るとやはり226事件から戦争への道がはっきりとわかってきます。

青年将校たちが「天皇にわかってもらいたい」と命を懸けた事件は結局無駄に終わってしまったのです。

 

五社『226』の価値はラストの「天皇陛下万歳」の言葉に尽きるようです。

堀川『軍閥』はタイトル通りの軍閥がいかに愚かであったかを吐き捨てるように製作された映画で決して秀作とは言えませんが思いは伝わってきます。

『226』は有名俳優を勢ぞろいさせたコスプレとさほど意味のない恋愛劇をかき混ぜた最期の最後にテーマを(皮肉に)叫んだ映画でした。

 

NHKのもう一つの番組『昭和天皇は何を語ったのか』を見るとさらに苦悩はつのります。

昭和天皇がいかに反省をしていたかを描写したものですが、あまりにも空しく思えます。

そして天皇という存在にすべてを委ねてしまうこの国の悲劇を感じます。

 

そして「この悲劇を繰り返してはならない」という言葉がいかに軽々しく何の意味もないことはすでに現実に現れています。

 

歴史劇というとどういうものか戦国時代を扱うと思う向きがありますが私は近代をもっと何度も勉強し映像化して欲しいと思っています。

 

『HOUSE ハウス』大林宣彦

f:id:gaerial:20210225060811j:plain



今まで何度か観賞しようとして挫折していたのですが昨日の『花筐』感動に力を借りて再挑戦してみました。

1977年公開当時私は大林監督が観客対象者に望んだ15歳以下だったわけですがその時観たとしてもこの映画を楽しめる才能はなかったように思えます。

 

今回なんとか鑑賞し終えましたが『花筐』の余力がなければ観続けたとは思えません。

 

確かに当時の古臭かった日本映画界に突然本作が投げ込まれた衝撃は大変なものだったのでしょう。

演技などなにもできないアイドル的な少女俳優を7人登場させストーリーもテーマも気が狂ってるとしか思えない滅茶苦茶なものでチープなCGが昔だからということではなくあえてふざけているように感じさせます。

当時としては固い伝統をぶっ壊す新しい感覚だったのでしょう。

 

しかし現在本作を観ればいかにも日本映画らしい王道を行っているように感じるのはどういうものでしょうか。

少女たちは男性観客のための生贄であり傷つくのも殺されるのも男性たちを喜ばせるための表現なのです。

 

その時大林宣彦監督が世界を変えたかのように思えたとしても少なくとも女性の表現としては何ら変わってはおらずむしろ悪化したのではないかと思えてきます。

昨日観た『花筐』にそうした気持ち悪さがなかったのはもちろん監督自身の変化なのでしょう。

露骨に言えば性欲が落ち着いたため、ということです。

 

『HOUSE』の脚本はポルノ方面で活躍された方のようですが完全なポルノ作品だと私には思えます。

7人の美少女たちはまさしく性的に消費されていきます。

だからこそ当時の古臭い日本映画界でメジャー作品として公開されたという皮肉でもあります。

 

大林作品がどうしても無理だったのは基本がそこにあったからなのでしょう。

時を経て最期の作品に近い『花筐』はそうした気持ち悪さが薄まってしまったから、というのはある種類の人にとっては残念であるのかもしれません。

 

とはいえ、この機会がなければ観なかっただろう本作を観終えられてよかったです。

日本映画界のエポックメーキングであるのは確かでしょうから。

 

 

 

『花筐/HANAGATAMI』 大林宣彦

f:id:gaerial:20210224053514j:plain

大林監督作品、今まで上手く作られていると思っても一度も心底から好きになったことはなかったのですが本作は素晴らしかったです。

 

若者であるはずの主人公とその友を中年男性で演じさせるという手法が酷くしっくりいってしまうと感じたのは私が年を取っているからなのかは判断しかねますが私はまずそこがとても納得できてしまいました。

しかしその他の青年や美少女はそのままともいえるバラバラな年齢配置も人によっては文句がでそうですが私はどういうものかキャスティングが完璧だと思えたのです。

同時に奇天烈な演出、芝居がかった台詞まわしも本作においてはこれでなくてはならない、と思わせます。この悲しい時代を正気も保って作るにはこれでなくてはならなかったのです。

 

日本という小さな国が気が狂い戦争を重ねたあげくアメリカという巨大国と戦い始めるその前夜。

戦争を始めたためにあの幸福な日々がすべて奪い去られてしまったことを大林監督はまさに血を吐くような思いでこの映画を作ったのです。

本作はとんでもない長さですが思いを描くにはこの長さが必要だったのでしょう。

他のレビューでは「わけがわからない」「たいくつ」「つまらない」という言葉が多くて驚きました。

特別難しいものは何もなかったではありませんか。一つ一つの場面エピソードに監督の意識がはっきりとわかりますし非常にコミカルで楽しくまた悲しく切なくまったくあきさせない時間でした。

コラージュも不思議な色彩もこの世界を語るのに絶対に必要なものなのです。

 

私が特に好きになったのは長塚圭史さん演じる吉良です。

かつての物語には必ず彼のような人物が存在し主人公を導いていきました。

しかし何と贅沢な設定でしょうか。

主人公のお坊ちゃまのほほんノンポリ青年は吉良の知性に憧れ、鵜飼のたくましい肉体と高潔な魂に憧れ、阿蘇のひょうきんさにほっとし、美しい叔母や従妹やばあやの愛情に包まれています。

戦争によって彼はこの平和をこの美しい時間をすべて失ってしまいました。

なんという愚かな人間だったのか。

 

彼は行動すべきでしたがなにもしませんでした。

無邪気なバカな子供でした。

そしてなにもわからないふりをしていました。

 

私たちが存在する今現在もまた不安定な幸福の中にいます。

考えなければならないこと、行動しなければいけないことが様々にあるのです。

新型コロナウィルスとどう向き合っていくか。

東京オリンピックはやめなければいけない。

原発はやめ新しい発電を検討しなければならない。

様々な差別をなくし平等でなければならない。

苦しむ人、弱い人を助けなければならない。

そうしてすべての人が幸福になるように努力していく。

それがなければ私たちはこの主人公と同じようになってしまう。

大林監督の切ない遺志を受け継がなくてはならないのです。

 

 

 

『デッドゾーン』 デヴィッド・クローネンバーグ

f:id:gaerial:20210222061926j:plain

f:id:gaerial:20210222061937j:plain

原作スティーブン・キング、監督デヴィッド・クローネンバーグ、主演クリストファー・ウォーケンという好きなもの尽くしの映画なのに未見もしくは失念していたのかもです。

とにかく今鑑賞し終わってとても良い映画だと思いました。

ウォーケンは美貌すぎて上の画像のように正義の味方というよりもむしろ美しい悪魔のように見えますが本作では繊細な心根の青年という役どころをとても魅力的に演じていました。

この主演を彼に決めてくれたクローネンバーグ監督に感謝したいです。

 

キングはホラー作家として有名で私も大好きですが同時にとても繊細な友情の語り手でもあります。

『スタンドバイミー』が思春期の少年の物語として映画化され名作となり得たのもキングの重要な魅力の一つです。

本作でもそうした人間関係の機微が描かれています。

主人公の事故後五年間の昏睡中に他の男性と結婚してしまった女性を「ただひとり愛している」と思う、家庭教師をすることになる相手の少年への思いやりそして少年の主人公への思慕、主人公を案じる医師への問いかけとその答えから決心するくだり、キングのこうした繊細な感情の交流をクローネンバーグもまた丁寧に描写してくれています。

 

他のレビューで淡々としすぎで、と書かれていたりしますがだからこそ素晴らしい映画作品になっているのです。

事故で予知能力が身についてしまう、ハサミによる陰惨な殺人もクローネンバーグだからこそ良質の作品となってしまいます。

 

寂しげな笑顔のウォーケンをずっと見ていられるのもこの映画のすばらしさ。

観ることができてほんとうによかった。

 

『タリーと私の秘密の時間』ジェイソン・ライトマン

f:id:gaerial:20210221063751j:plain

とても巧く作られた映画でした。テーマがありアイディアがあり主演のシャーリーズ・セロンは相変わらずの素晴らしい役作りと演技でした。観始めたら引き込まれて観てしまう映画だと思います。

 

ネタバレしますのでご注意を。

 

 

 

かつてはメリー・ポピンズが魔法で幸福にしてくれましたが現在は自分自身でCG化しないといけません。

この世にファンタジーはない、という辛辣な作品です。

しかし何ということでしょう。人間というのはなかなか幸福になれない生物なのです。

昨日観た『マダム』でマダムは出産の時に夫が立ち会ってくれなかったことに失望し離婚しました。

本作の夫はしっかり出産に立ち会い仕事をし子供にもかまってはくれるのですがそれでも妻は幸福にはなれないのです。

あと一歩男性は前に進まなければなりません。すべての人間の夫婦が対等に出産育児に携われる日はくるのでしょうか。

それとも育児ロボットがすべてを引き受けてくれるのを待った方が確実なのでしょうか。

それはそれでまた不満が出てくるのでしょうが常に人間は不満と戦うしかないのです。

 

登場する赤ちゃんがかわいくてかわいくてあのぽったりした背中を見ていると抱っこしたくてたまりませんね。ひっきりなしの泣き声も愛おしくて、こんな赤ちゃんの世話をしたいなあと思ってしまうのです。

赤ちゃんが生まれる、子育てをする、ということ以上に幸せな時間があるのでしょうか。

でも実際のその時期は物凄く辛いというのはどういうからくりなのでしょうか。

そして必ず後になって「あの頃が一番幸せだったのよ」というのです。もちろんほんとうに深刻に不幸な人もいます。人生とは残酷です。

 

映画でタリーが登場した時「白人女性か・・・なんだかなあ」と思ってしまいました。というのは映画で冒頭アジア系女性が出てくるのですがなんとなくアメリカ映画の中で白人俳優はアジア系俳優のキャラクターに素っ気ないんですよね。

この映画に限らず他の作品でもアジア俳優との間に壁があるように思えます。

本作では主人公の兄の妻役でアジア女性が登場しますがなぜか夫と密接な場面がなく主人公のマーロに親し気に話しかけているのに愛情のある返しがないんです。

しかしベビーシッターの白人女性とはいきなり密接な関係になっていきます。

無論これは後で「自分自身だった」という種明かしで理解できるのですが考えてみればマーロが空想の中でアジア女性に憧れていた、という発想もできなくはないわけです。

主人公がアジア女性なら夢想の中で金髪の美しい白人女性になっている、というのは『幸福路のチー』でも描かれていましたし。

本作は素晴らしく良くできた映画だと納得できるのですが、白人女性のヒロイン・マーロの兄嫁がアジア系で彼女と彼女のやりとりにどうしても白人女性同士の関係のような深みがないのがここでも感じられて残念でした。

黒人俳優だとそこまで壁がない気がするのにアジア系とはもやっとした隔たりがあるのです。

現実のコケイジャンとアジアンならそんなこともないだろうに不思議です。実際に夫婦だったり親友だったりするはずなのですが映画だと途端に混じりあわないように見えるのです。

気のせいと言われそうですが、少なくとも体の触れ合いが極端に少ないんです。それは観てわかることですから。

もしタリーがアジア女性(中国系でも韓国系でもいいのですが)という設定でマーロと親密な関係になるのだったらもう少し作品として高評価できる気がします。

 

かつて『エデンの東』でジェームズ・ディーンを導く存在として中国系老人を映画に出さなかったのは悔やまれます。なぜ中国系老人の知恵を若い白人女子に言わせたのか。

その点やっぱり『ベスト・キッド』は凄いなあと。

そしてその希望は『スターウォーズ』に受け継がれていきますw