ガエル記

散策

『機動戦士ガンダムNT』吉沢俊一

f:id:gaerial:20211020051352j:plain

先日観た『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』が良かったので続けてこちらも鑑賞。

あまりの面白さに『ハサウェイ』がややかすれて思えるほどでした。

本来のガンダムシリーズというのはこちらの道なのではないかとすら思えるほどです。

 

とはいえレビューを見ると本作『機動戦士ガンダム NT』は驚くほど評価が低いのですね。「ガンダムの歴史から外して欲しい」とまで書かれているのです。

しかし私は本作こそがガンダムが目指したつまり富野由悠季が描こうとしている世界なのではないのでしょうか。

 

などと書けるほど私はガンダムを熟知してはいないので実は想像でしかないのですが一番よく観たファーストガンダムで世に認知される「ニュータイプ」がどんなものであるかを本作でさらに説明してくれたと感じたのです。

 

科学と精神はどこまで進化できるのか私たちは理解できていません。

テクノロジーの対義語は何なのでしょうか。サイコロジーPsychiatry(サイカイトリー)を挙げてもいいのでしょうか。

科学の対義語は宗教とも占いとも魔法とも哲学ともいえるのかもしれません。

本作でも主要キャラクターであるミシェルが東洋的な占いを行っていることで科学と反対の価値が共生する世界観であるのを意味しています。

未来どんなに科学が発展しようとも対義である宗教・占いはなくなるどころか逆に拠り所になっていくのではないでしょうか。

 

ガンダムシリーズで重要な要素となる「子どもたち」

アニメ自体が「子供むけ」であると認識されていることから主人公が常に少年少女であるとされてはいますがガンダムはそうした意味だけではなく「子供たち」を描き続けていると思っています。

それも「大人に翻弄され苦悩する子どもたち」です。

ファーストガンダム主人公=アムロ・レイはすでにその規定にのっとっています。

科学者の仕事に埋没し精神異常をきたす父親と子どもを理解できない母親に愛情を求めながら与えられなかったアムロは「ニュータイプ」と呼ばれる超能力者となってガンダムを操作します。

そして後年の『オルフェンズ』では身体改造をすることで強制的な「ニュータイプ」を量産していきますが改造に耐え切れなかった子どもたちは死か障碍者になってしまうわけです。この世界では科学の対義として「任侠」の世界が描かれました。

そして宇宙の中で後ろ盾のない子どもたちは「ヒューマンデブリ」と称されるほど命の価値が低い。

『オルフェンズ』そして『NT』もカズオ・イシグロ『わたしを離さないで』の世界観を感じてしまいます。子どもたちは肉体も精神も社会から利用される価値でしかないのです。もちろん大人であってもそうでありますが。

歴史を翻ってもルーマニアチャウシェスクのみでなく立場のない子どもたちは常に利用されて殺される運命でしかありませんでした。

 

しかし先に製作された『オルフェンズ』はかなりの高評価だったのに本作の評価の低さはどうしたことなのでしょうか。

それは本作『NT』のほうが『オルフェンズ』より生々しく強烈に価値の低い子どもたちの凄惨を表現してしまったからではないでしょうか。

『オルフェンズ』では子どもら仲間たちの連帯が心地よかったのですが本作では個々が孤立しその悲壮は極まっています。友情も愛もここには霞のようにしか存在しない。

それを観させられるのは過酷なのです。

 

まあ私はとにかく断片的にガンダムを観ているので本作否定派の気持ちが理解できていないのかもしれません。

 

しかしこの

 

「最後に若く美しい女性が死ぬことで世界が救われる」

 

ストーリーはなんだろう。

 

それだけは疑問です。

 

 

 

 

 

 

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』村瀬修功

f:id:gaerial:20211018060305j:plain

主人公ハサウェイがブライト・ノアの息子という触れ込みはさすがに往年の『ガンダム』ファンには抗い難い価値観での鑑賞となりました。

 

結果ここまで良質な作品になっているとは思いませんでした。

ガンダムシリーズは常におおかたの日本製アニメの枠外を走ってきたと思っていますが本作もまた現在日本アニメの規定外だと感じました。

 

他のかたのレビューで否定派には「日本製アニメの型ではない」「子供には理解できない」という意見が散見されますがそもそも『ガンダム』はファーストからして視聴率も低くマニア向けであって王道ではなかったのでした。

様々な実験も繰り返し進んできて自分の好みではないバージョンも多々ありますが本作は日本コンテンツのアウトサイダーである『ガンダムシリーズ』中央道に思えました。

 

一方賛成派はそうした先走りの『ガンダムシリーズ』の意義を感じ取られているようです。

本作は確かに単純に楽しめる内容ではないのかもしれませんが(いや自分としては楽しかったので楽しめないのがよくわからない)今更ありきたりのよくある話を作る意義があるのでしょうか。

 

昨今はグループ内でのわちゃわちゃが主流で好まれているので単独行動設定も物足りないのかもですがハサウェイの孤独な葛藤はファースト・アムロのそれも思い出させ映像のすばらしさもあって見ごたえあるものでした。

 

ガンダムシリーズの重要なファクターである「奇天烈な少女」ギギ。

シリーズ通して影響を及ぼすシャア・アズナブル

主人公の繊細さも魅力です。

 

さてもう一度観ます。

 

 

『帝銀事件 死刑囚』熊井啓

f:id:gaerial:20211016200335j:plain

かなり前から観たいと思いながらなかなか機会がなくやっとアマゾンプライムで観ることができました。

熊井監督作品は幾つか観ているのもあって期待はしていましたが想像以上に恐ろしい迫力の映画でした。

 

事件の推理などはできようもありませんが昭和23年(1948年)1月という戦争が終わってまだ2年半ほどしか経っていない時期だからこそ起きたそして謎めいた事件だったのでしょう。

謎めくといっても犯人は逮捕されていて死刑判決を受けたものの処刑されず1987年(昭和62年)に95歳で獄死しているわけです。

とはいえこの映画は1964年つまり事件後16年に公開されたものでありこうした問いかけが他にも多々あったにも関わらず日本の裁判は「疑わしきは罰せず」ではなかった(現在も?)ことがわかります。

ましてや「一人の罪なき者を罰するより10人の罪人が免れたほうがよい」という考え方などはこの国には存在しないのかもしれません。

「怪しいのは確かだ」と考えるのか「絶対とは言えないのだから」と考えるのかです。

 

以下ネタバレしますのでご注意を。

 

 

 

衝撃はすぐに訪れました。

戦後の光景を説明的に映した直後事件が起きた帝国銀行椎名町支店(現在の三井住友銀行だが支店は現存せず)の裏門から入る犯人の背後が映されます。

犯人の描写は常に背後に徹していて銀行員たちはその顔を見て画面側に向けているので鑑賞者が犯人の目になっているような奇妙な感覚になります。

この犯人が銀行に入り込んで行員たちに説明をし青酸カリを飲ませる状況が淡々と丁寧に映されていてまるでその場にいるような恐ろしさを感じました。

凶悪犯の顔と表情がわからないまま犯行を観るのはぞっとするものです。

 

ちょっと変なところに引っかかってしまったのですが最初にこの支店でその日5人が欠勤している、という説明が入ります。

小さな支店で5人に欠勤者というのは随分多いように思えてしまったのですがこれも戦後間もない頃の現象なのでしょうか。思い過ごしかもしれませんが。

とにかくこの恐ろしい犯行現場だけでも観る価値があります。

そこだけ見て止める人はいないでしょうが。

 

 

それにしてもこの映画の空気感はなんでしょうか。

戦後20年近く経っているとはいえまだその記憶は存在してはいるのでしょう。その頃の暮らしぶりの貧しさが生々しく描かれています。

さらに55年経ってしまった今ではこの雰囲気を出すのはもうできないのかもしれません。

自動車の中で火鉢を使っているのも驚きでした。こういう場面は今まで観たのか覚えがありません。

 

唐突に「インドのガンジーが暗殺された」話題も振られ慌てて検索したら確かにガンジーはこの時期に逝去されていました。

まったく歴史に無頓着なのを再認識させられました。

 

昔の映画は生活の生々しさが伝わってきます。特に夏の暑さ描写はにおうようです。

新聞社編集室に氷の塊を置くことで涼を取っているのも驚きでした。

 

ともかく事件については迷路としか言えません。

平沢役を演じた信欣三氏がなんとも独特の風貌で実際の人物のようにさえ思えてますます迷路に入ったような気持ちになってしまいます。台詞(実際の証言に基づいたものでしょうか)も奇妙で何もかもわからなくなってしまうのです。

 

 

 

しかしこうした映画は日本ではなくなってしまいました。

ドキュメンタリーは少数ながら作られているようですが映画よりも目にする機会が減ってしまうのです。

ドキュメンタリー作品でももっと観られる媒体が増えれば、と願うしかありません。

 

これからはこうした歴史的な事件を映画化ドラマ化することがより意義があるのではないかと思うのですが。

 

 

『ジョゼと虎と魚たち』犬童監督版鑑賞挫折

f:id:gaerial:20211016063701j:plain

ちらりと報告。

田辺聖子著『ジョゼと虎と魚たち』に感動しタムラコータロー監督アニメ版にも感激し続いて犬童一心監督版をしばらく見続けたのですがどうしても辛抱できず挫けてしまいました。

比較をするための研究鑑賞と思ったのですが我慢の許容量を超えてしまいました。

もしかしたら以前にも観ようとして挫折したのかもしれません。

昨日アニメ版の感想で「現在日本のアニメには性的ハラスメントが多すぎる」と書いたのですがアニメに限らずすべての日本のコンテンツなのでした。

 

一般には犬童版もまた非常に評価が高いのですが私にはどうしても描かれている性的場面が「良い」とは思えません。

それは映画の内容以前の問題ですが内容すべてともいえるのではないでしょうか。

 

というわけで次の段階に進んでいます。

残念。

『ジョゼと虎と魚たち』タムラコータロー

f:id:gaerial:20211015064831j:plain

アニメ版『ジョゼと虎と魚たち

思いがけぬきっかけで観ることになってしまったアニメ作品でした。それがなければ観なかったかもしれないと思えばどこでどんな巡りあわせがあるかはわからないものです。

 

今観終えたばかりでの勢いで少し書きたいのですが素晴らしいアニメでした。

原作である田辺聖子著を読んだばかりでその違いにも感銘を受けてしまうのです。

 

 

ネタバレしますのでご注意を。

 

 

 

なんといっても感動するのは原作を忠実に作るのを求められがちな日本の製作でテーマもストーリーも大きく変えてきた勇気ではないかと思えます。

それは歩けなくて車椅子で移動するジョゼを劇中劇で「人魚姫」とした部分にも表れているのではないでしょうか。

アンデルセン作『人魚姫』は人間男性に恋をした人魚が歩ける足をもらう代わりに激しい苦痛を味わう、という設定になっています。

しかし彼が別の人間女性と結婚することが判明します。その男性を殺してその血を浴びれば人魚姫は元に戻れると告げられますが彼女はそれをせず自死を選ぶのです。

 

田辺聖子著はこの物語をそのまま移し替えてはいませんが幸福な恋をしていながらジョゼは「完全な幸福は死と同じだ」と「そして自分はそんな幸福の中にいる」と大好きな恒夫のそばで眠る最後の場面はやがて来るに違いない別れを予感させるものになっているのです。それは仏教的な「執着しない」こと刹那的な幸福を味わうこと、ともいえるのですが。

 

そして本作品、タムラコータロー監督によるアニメ版はこれを大きく変えてきました。

それはディズニー製作『リトルマーメイド』が元ネタである『人魚姫』を大きく変えたことに後押しされているとも思えます。

その時日本での反応は

「悲劇に終わるのが美しいアンデルセン作『人魚姫』を脳天気に変えたアメリカ人って」

というものがかなり強かったと記憶していますがその後その変更はしっかり定着していったのです。

 

本作ジョゼのキャラクター造形は素晴らしい。なんというか、百点満点というのか教科書ともいうべき構成になっていました。合わせて恒夫のキャラクターもみごとにそれに共鳴していく形になっていました。

ジョゼは誇り高く気が強いけどそれでも社会に出ていく障壁はあまりにも大きかった。

一方、恒夫は申し分ないほどなにもかも優れた男性です。(ところで前評判のぐだぐだ男ってなんだったのか、今となってはよくわからない)

その恒夫が自分から飛び込んだとはいえ事故で彼自身が歩けなくなってしまうのです。

リハビリでなんとかなるとはいえ輝かしい未来を失い自暴自棄になる恒夫を今度はジョゼが励まし助ける。

絶望に落ちることで恒夫は本当の意味ですばらしい男性になることができた、そしてジョゼも彼を助けたいという気持ちで前へ進むことができた、という完璧な物語でありました。

こうして文章として書いているとあまりにも素晴らしすぎ感がありますが観ている間は感激で涙にくれておりました。

 

 

ことのきっかけとなった脚本の変更への批判、「障害者女性に対するハラスメントの削除」の批判の答えですが、その原作案件は冒頭で恒夫がジョゼを助ける際に胸を触った、という処理でなされていたように思えます。

後は物語が長くなりエピソードが増えた分そこここでハラスメント描写はなされていた、ということもあります。

私の感覚としては昨今の日本製作アニメがあまりにも性的ハラスメント描写が多すぎて辟易というよりも嫌悪を感じていた時に本作がそうした性的描写を無くした作品を作れたのは逆に評価すべきことではないかと思ってしまいます。

(例を挙げれば大人気だった『君の名は。』は性的ハラスメントに満ちていましたね)

性的ハラスメントはむしろ客寄せの条件になっていることを思うとあの批判をされたことは「気持ちは察したいのですがそれは別の形で表現してほしい」と言いたいのです。そして本作は別の形で表現されていました。

さらにいえばセックス場面も削除されているのであり全年齢向けでしかも客寄せハラスメントを避けてくれたとも言えます。

 

むしろ原作から変更された設定脚本について賛同したい。

何といっても重要な脚本の変更はジョゼが健常者の女性に嫉妬をするエピソードと逆に同性の友人ができるエピソードです。

恒夫のガールフレンドの健康的な脚を見つめるジョゼの苦しみはどのハラスメントよりも辛いものでした。

そして同性の友人を追加した設定には拍手をしたいのです。

同じ作品を好きと分かち合える友人の存在は何よりも大切なのです。

 

先日TVアニメ『SonnyBoy』に「昨今の日本アニメに絶望していたのがやっとほっとした」と書いたのですが本作でもまた同じセリフを言わねばなりません。

(公開時点はこちらが先ですが)

件の評論の方には申し訳ないですが日本の作品はあまりにも性的ハラスメントが多すぎました。

「それはあたりまえ」「それがないと意味がない」という一部の評もあるのですがこうして素晴らしいアニメ作品が生まれたのを見ればそうした部分を切り捨てていくことに意義があるのです。

その方の言っていることとは論点が違うのはわかっていますが。

 

あまりにも素晴らしすぎるという評もあるのかもですがやはりこれは単なるいわゆる「障害者を描いた作品」「障害者をどう思うか作品」などではなく「誰もがジョゼであり恒夫である作品」なのだと確認できた気がします。

 

 

『ジョゼと虎と魚たち』田辺聖子

f:id:gaerial:20211014052347j:plain

突然この小説を読むことになってしまいました。短編集の中の一遍で驚くほどに短い小さな作品なのです。

事の発端はネットでこの小説を原作としたアニメ映画についての批評を読んだことでした。

それは自身も障害者であると記されている方がアニメ映画を観てこの原作小説や以前製作された日本製作実写映画とも比較しながら書かれた批評文でした。

記憶でしか書けないのですが

 

「原作では描かれていた障害者が受けていた性的被害が削除されてしまい残念だった」

 

という気持ちが綴られていました。障害者の特に女性は様々な性的被害を受けてしまう、という報道はたびたび聞きますがそれでも認知されることは少ないようです。

田辺聖子氏は1984年に障害のある女性がそうした被害を受けている小説を書いたのにもかかわらず2020年製作のアニメ作品からはその被害が削除されてしまったわけです。

 

それでも批評者は障害者の映画が作られるのは貴重なことなのでこれを機会にもっと増えて欲しいという願いも記されていたのでした。

その文章を読んだ私は率直に「ひどいものだ。今の日本のアニメは」と思い監督の考えを検索してみると見つけたサイトに書かれていたのは

 

「別に車椅子でなくて別の障害でもよかった」

 

という旨の記述だったのです。

この言葉、ますます障害者を軽んじているかのようにさえ思えてしまうものでもありますがこの言葉を読んで私はまだ見てもいない映画のことを考えてしまったのでした。

 

さらにこのアニメ作品に登場する主人公の相手役の男性はむかつくほどのダメ男であるらしいのです。はて。原作小説に登場する恒夫は超エリートではないけれど心優しい大学生です。いつの間にか作品は

障害者としての苦悩が描かれていない車椅子の女とダメダメ男の物語

になってしまったのです。

それは単純に「社会に適合できない女と男の物語」として描かれたのではないか、と私には思えたのでした。

だからこそ監督にとっては「別の障害であってもよかった」のです。

 

突然私は物凄くこの作品に興味を感じとりあえずすぐに手に入った小説から読むことにしました。

確かに田辺聖子著『ジョゼと虎と魚たち』は素晴らしい短編小説でした。

ほんの短い文章の中に長いドラマを感じることができるのです。

田辺氏の大阪弁が心地よく響きます。

市松人形のように美しく愛らしい小柄なジョゼは誇り高く気が強く人が良い恒夫をこき使います。

恒夫のやさしさは現在では考えられないほどにも思えます。

そんな恒夫に頼んでジョゼは動物園で虎を見てその恐ろしさに震えます。

そして水族館に行って魚たちを観るのです。

魚たちを見たジョゼは夜更けに自分たちふたりを魚のようだと思うのです。

自分たちは「死んだんだな」と思うのです。

完全な幸福は死んだのと同じ、と思うジョゼ。

恒夫と暮らしながらいつか恒夫がいなくなってしまうことを考えているのです。

そんな結末が言いようもない幸福であるのが不思議な作品でした。

 

さて、続けて日本製作実写映画とアニメを観る予定です。

現在韓国映画もあるのですがそれを観られるのは少し先になりそうです。

実際映画ふたつを観てどのように思うのか、とても楽しみです。

1984年に田辺聖子が書いたすばらしい小説が2003年と2020年にどう変化していったのか。

観ずして私は「障害者を描いた作品ではないのでは」と思ったわけですがどう感じさせてくれるのか期待されます。

 

 

 

 

『ヘルムート・ニュートンと12人の女たち』

f:id:gaerial:20211013061849j:plain

wowowにて鑑賞。

フェミニズムがまた大きく語られている時に観ると特に面白く興味深いドキュメンタリーなのではないかと思います。

 

ツイッターなどのSNSもあって社会で起きる様々な事柄に様々な人の評価が伝播していきます。

地方の一女性が自分の意見を公に発信するようになりまた周囲だけではない他方の意見を聞き読めるようになったことでフェミニズムを考えていくようになったのです。

 

昨日まで観ていた『少女革命ウテナ』の後でこの映像を見ていると私たち日本人もしくはアジア人はまだこの地点にすら達していないように感じられてがっくりとしてしまいます。

明確にヘルムート氏の活躍を知ってはいないのですがプロフィールを見て60年代から80年代にかけて写真家として活躍した彼が写したのは美しい女性の裸でした。

それはナチス政権下で重用されたレニ・リーフェンシュタールに強く影響されていると言われていたようです。

確かに彼が愛する被写体は長身で金髪の強い意志を感じさせる美しい女性でその力強さはリーフェンシュタールが撮った『オリンピア』を思い起こさせるものです。

ヘルムート氏のモデルとなった女性たちは彼のマチズムを認めながらもその才能を賛美し彼との仕事を誇りとして語っています。

 

しかし映像の中にはテレビ番組でスーザン・ソンタグから「結局あなたの作品は女性蔑視にしかすぎない」と強い批判を浴びていたのはドキュメンタリーとして必要であったと思えます。ソンタグは「彼は〝良い人”なのはわかりますが私は彼の作品を批判しているのです。彼自身とその作品は別のものです」と話しているのも重要なポイントだと思いました。

 

登場する被写体だった女性たちの証言がとても面白かったです。

ヘルムート・ニュートンは時代に恵まれていたのだ、というのはとても共感できます。

西洋社会でヌードが解禁になりしかもマチズムが強く影響していた時代に彼の感性はぴたりと合っていたのでしょう。

日本でいえば一時代高い評価を受けていたアラーキー荒木経惟が突然その評価を落としてしまったのは彼の変化ではなく時代が変化してしまったからなのでしょう。

 

彼が認められていた時代、女性たちはアラーキーに裸体を写されることを自由への開化として評価していました。その時は対価も問題にはされなかったのがそのカリスマ性を失った途端、彼は単なるレイシストで吝嗇家なのだと評された経緯がありました。

その急降下には驚きましたがそういうことなのです。

 

コンテンツは時代によって評価されていきます。

それ自体の価値、というものはその時点ではわかり得ないのでしょう。時代が移ってもそのまたその時代に価値観があるのですし。

 

現在日本で好まれている様々なコンテンツに辟易していても時代がそれを望んでいるのだからどうしようもない。

ソンタグのように発言していかねばならないのでしょうね。

f:id:gaerial:20211013072337j:plain