ガエル記

散策

Amazon Prime Video

『Le Sommet des Dieux/神々の山嶺』パトリック・アンベール

気になっていたアニメ作品がアマプラで配信始まったので鑑賞しました。 もうこれ私にとっての今年最高アニメ映画では、というのはちょろすぎでしょうか。 フランス製作アニメというのを聞いた時は何故日本製でできなかったのかと思ったのですが鑑賞して考え…

『LAMB ラム』バルディミール・ヨハンソン

とても面白く良い映画見つけてよかった。 なんとなく迷っていたのですが観始めたら止めることなく観てしまいました。 アマゾンプライムにて鑑賞。 ネタバレしますのでご注意を。 ポスターに写っているマリアという女性が優し気に子羊を抱いている、という図…

『万聖街』アニメ

やっと観ていますが思った以上に面白くこれは人気出るの当然だと思いました。 なんだろう、この優しい世界、です。 正直に言えばちょっと懐かしい昔の感じがしてしまうのですがそれがとても心地よい。 主人公のニーニーの素直さが嬉しい。 日本アニメまんが…

『日日是好日』大森立嗣

良い映画でした。 昨日の映画と同じ監督とは思えないかもしれませんが大森監督映画は訴えていることは(今まで観てきたところ)同じだと感じています。 ネタバレしますのでご注意を。 自分を従姉と比べていつもダメだと思い込んでしまう主人公は確かにぱっと…

『グッバイ・クルエル・ワールド』大森立嗣

なんとこれは今年2022年作品でした。期待を裏切らぬ素晴らしい作品でした。 なのに相変わらずの悪評価ぶり。いったいどういうことなのか。 とはいえ大森立嗣監督着実に作品を作ってはおられるので業界では高評価なのだろうと思われるのですが。 ネタバレしま…

『光』大森立嗣

2017年公開映画に対してやや遅いかもしれないけれどあまりにも好みすぎて泣きたいほどの映画でした。 他のレビューを見ると「気持ち悪い」「音がうるさい」「意味が解らない」などの悪評が目立つのですが私にとってはそのどれもが素晴らしいと思えるものです…

『罪の声』土井 裕泰

「グリコ森永事件」を題材にした作品ということで気になり鑑賞しました。 そして作品が訴える方向性にひどくがっかりさせられてしまいました。 いったいこれはなんなのでしょうか。 いったいこの作品を作った人は世界で作られてきた映画を観てきたのでしょう…

『レディ・プレイヤー1』スティーヴン・スピルバーグ

続けてスピルバーグ鑑賞。 これも発表があった時まったく心が動かなかったのですが。 なんでしょうか。スピルバーグって私が興味を持ちにくい題材ばっかり作っている気がします。でも観るとその技術クオリティと面白さに見入ってしまう。どういうことなんだ…

『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』と『エデンの東』

『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』についてもう少し。 ネタバレしますのでご注意を。 ドタバタ追いかけっこ作品。いわば銭形とルパン三世的なノリを想像していたのですが実際の本作は「父母の愛情を求めた少年が得られず新しい父親と出会えた」という…

『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』スティーヴン・スピルバーグ

長年放置していた本作鑑賞ついにしてしまい呆然となっています。 何故早くこれを観なかったのか。 とはいえもっと早く観ていたら今日観たほどには感動していなかったかもしれません。 私はスピルバーグ苦手なところがあって嫌いというほどではないにしても『…

『戦闘妖精雪風』大倉雅彦

アマゾンプライムで鑑賞中なのですがいったい何なんだろうこのアニメ。すごく不思議なテイストで面白いのかよくわからないのですがついつい観続けています。 いろいろ観たくなる作品を試してダメだったのになぜこれは観てしまうのか不思議です。 主人公とそ…

『君、花海棠の紅にあらず』 恵楷棟 温徳光 その10

原題:鬓边不是海棠红、英題:Winter Begonia 鑑賞終了しました。 あまりの感動に言葉もありませんが頑張って少し書いてみます。 ネタバレしますのでご注意を。(『覇王別姫』に関しても) よく練られた素晴らしい脚本でした。 もちろん中華ドラマらしい大げ…

『君、花海棠の紅にあらず』 恵楷棟 温徳光 その9

第42話まで鑑賞。 ネタバレしますのでご注意を。 上の画像は細蕊の後継者たる小周子。女役姿が圧倒的に愛らしいです。 醜悪な大日本帝国軍の話があまり続かなくて嬉しいです。 鳳台がからかってくれるのでほっとしました。 間抜けな存在として表現するので十…

『君、花海棠の紅にあらず』 恵楷棟 温徳光 その8

嫌な話が始まりましたが私としては大日本帝国軍人がどんな非道に描かれても否定する気はありません。むしろもっと非道だったとよけいに怒りがこみあげてきます。 かなり抑えての表現なのではないでしょうか。 日本軍の醜態を見て更に戦争というものがどんな…

『君、花海棠の紅にあらず』 恵楷棟 温徳光 その8

原題:鬓边不是海棠红、英題:Winter Begonia) エピソード34まで鑑賞。 とうとう恐ろしい日本軍が来てしまった。この恐怖感っていったいなんなのだ? しかし曹万鈞の言葉は辛辣でもある。 「我が国が内部分裂している間に日本は強くなってしまった」 彼らに…

『君、花海棠の紅にあらず』 恵楷棟 温徳光 その7

しばらく入り込んでしまいました。 エピソード30まで鑑賞。 ネタバレしますのでご注意を。 仲睦まじく出来すぎの夫婦に思えた程鳳台夫妻がケンカして別居状態に。 といっても原因は妻の弟。いかにも金持ちのボンボン的な范漣はとある女性と関係して子供を作…

『君、花海棠の紅にあらず』 恵楷棟 温徳光 その6

原題:鬓边不是海棠红、英題:Winter Begonia) エピソード23まで鑑賞。 テレビで見かけた回に追いつきました。 この回で出会えたのは幸運でした。どの回でも惹かれたかもしれませんがこの小周子との出会いは確かにはっとします。これ以後どうなるかは私はま…

『君、花海棠の紅にあらず』 恵楷棟 温徳光 その5

原題:鬓边不是海棠红、英題:Winter Begonia) 19話まで鑑賞しました。 このドラマに出会えたことに感謝するばかりです。 激動の中国史上、長い歴史を背負う京劇の若き才能・商細蕊はさらに古い歴史を持つ崑劇の名手でもあります。彼は梨園に育ち字の読み書…

『君、花海棠の紅にあらず』 恵楷棟 温徳光 その4

原題:鬓边不是海棠红、英題:Winter Begonia) エピソード16まで鑑賞。 京劇のすばらしさ、細蕊の美しさを堪能しました。 京劇を題材にした作品といえばどうしてもレスリー・チャンの『覇王別姫』を思い出さずにはいられません。 あの作品では蝶衣の兄弟子…

『君、花海棠の紅にあらず』 恵楷棟 温徳光 その3

原題:鬓边不是海棠红、英題:Winter Begonia) エピソード8まで鑑賞。 ネタバレしますのでご注意を。 『瓔珞<エイラク>』スタッフ作品ということで『瓔珞<エイラク>』で見知った顔と再会できてうれしい。 特に瓔珞の義兄・袁春望(王茂蕾)との再会は嬉し…

『君、花海棠の紅にあらず』 恵楷棟 温徳光 その2

原題:鬓边不是海棠红、英題:Winter Begonia 黄暁明(ホアン・シャオミン)演じる程鳳台見惚れてしまうかっこよさです。 彼は西洋に留学していたこともあって京劇よりも西洋の映画のほうが良いという嗜好なのですがふとしたことで商細蕊と出会い彼を知るごと…

『君、花海棠の紅にあらず』 恵楷棟 温徳光

原題:鬓边不是海棠红、英題:Winter Begonia テレビ放送で20話あたりを偶然見かけてしまい目を奪われてしまいました。 後で調べたらこれも『瓔珞<エイラク>』スタッフ製作ということでその力量に驚かされます。 とにかく途中からでは我慢ならないのでこれも…

『機動戦士Ζガンダム』宇宙を駆ける

何度観ても衝撃を受けてしまいます。 しかし本当の戦争はこんな風に怒りを爆発させるようなことはできないのだと思います。 どんなに怒ってもその憤りが憎むべき相手を倒すことなどはない。 だからこそ富野氏は特別な力を少年に与えるしかなかったのですが。…

『機動戦士Ζガンダム』地獄のほうへ

現在放送されている『水星の魔女』を観ながらみんな震えているのはガンダムシリーズが確実に地獄のほうへ進んでいってしまうのが予測できるからで。 ネタバレしますのでご注意を。 カミーユは結局フォウを救うことができない。 「ガンダムシリーズは反戦でも…

『機動戦士Ζガンダム』フォウとカミーユそして他の女性たち

フォウ・ムラサメがすごく好きなのです。でも悲しいなあ。 以前にも書いたと思いますがガンダムシリーズは女性の描き方が素晴らしくて多様性もあって惹かれる理由のひとつです。 フォウは典型的謎の美少女キャラなのですが短髪で緑の髪で唇が紫で日本のキャ…

『機動戦士Ζガンダム』いかに戦争が嫌なものかの確認をする

エピソード14でクアトロ=シャアとアムロの再会。 一気に様々な場面が蘇る。 やはりここのパートはとても惹きつけられます。 ガンダムの物語の中で新しく登場したカミーユはかつてニュータイプと言われ賞賛されたアムロ・レイと初めて会う。 アムロにはも…

『機動戦士Ζガンダム』富野由悠季  『水星の魔女』の補完としてその1

結局ゼータガンダム観なおしています。 よくファーストガンダム派と言い私自身そうなのですがそれゆえにか『ゼータ』が逆に気になっています。 当時観たことはあったのでしょうが今観なおしていてもその時にこの作品が理解できたはずもないと思われます。 も…

『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』高山文彦

以前観ていて中断していたのですが再挑戦してみました。 ネタバレしまうのでご注意を。 この作品が名作と評される一方嫌う人もいるようですが私が中断してしまったのからもわかるように嫌うのは当然だと思えます。 なのになぜ名作と言われてしまうのかといえ…

『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』豊島圭介

何度目かの鑑賞。と言っても何が語られているのかまったく呑み込めてはいないのですが呑み込めないがために何度も観てしまいます。 以前YouTubeに上がっていた時も何度か観ていましたが映画としてまとめられ途中途中に現在の知識人方々の解説が入ることによ…

『銀河英雄伝説』夢、見果てたり

『銀河英雄伝説』何度目かの鑑賞終えました。 と言っても私には初めてきちっと観終えたようにも感じています。 昔初めて本作を観、小説を読んだ時実は本作を低く評価していたことは否めません。 もしかしたら私と同じような人はいるのではないでしょうか。 …