ガエル記

散策

中国ドラマ

『尚食』その5

最初は軽い美味しんぼドラマかと思っていたのですが観続けていくと意外に複雑な思い入れがあるようです。 しかもそれが何か簡単には判らない感じに入り組んでいます。 もう一度観なおさねば難しいかもしれないと今更思っているところです。 ネタバレしますの…

『尚食』その4

続き観ていきます。 相変わらず、というのか朱瞻基と姚子衿の近づきそうで近づけない関係と美味しそうな料理の戦いが繰り返されます。 ネタバレしますのでご注意を。 18話、料理の話では必ず食材を使って絵を再現する、的なエピソードが取り上げられますが確…

『君、花海棠の紅にあらず』 恵楷棟 温徳光 その10

原題:鬓边不是海棠红、英題:Winter Begonia 鑑賞終了しました。 あまりの感動に言葉もありませんが頑張って少し書いてみます。 ネタバレしますのでご注意を。(『覇王別姫』に関しても) よく練られた素晴らしい脚本でした。 もちろん中華ドラマらしい大げ…

『君、花海棠の紅にあらず』 恵楷棟 温徳光 その9

第42話まで鑑賞。 ネタバレしますのでご注意を。 上の画像は細蕊の後継者たる小周子。女役姿が圧倒的に愛らしいです。 醜悪な大日本帝国軍の話があまり続かなくて嬉しいです。 鳳台がからかってくれるのでほっとしました。 間抜けな存在として表現するので十…

『君、花海棠の紅にあらず』 恵楷棟 温徳光 その8

嫌な話が始まりましたが私としては大日本帝国軍人がどんな非道に描かれても否定する気はありません。むしろもっと非道だったとよけいに怒りがこみあげてきます。 かなり抑えての表現なのではないでしょうか。 日本軍の醜態を見て更に戦争というものがどんな…

『君、花海棠の紅にあらず』 恵楷棟 温徳光 その8

原題:鬓边不是海棠红、英題:Winter Begonia) エピソード34まで鑑賞。 とうとう恐ろしい日本軍が来てしまった。この恐怖感っていったいなんなのだ? しかし曹万鈞の言葉は辛辣でもある。 「我が国が内部分裂している間に日本は強くなってしまった」 彼らに…

『君、花海棠の紅にあらず』 恵楷棟 温徳光 その7

しばらく入り込んでしまいました。 エピソード30まで鑑賞。 ネタバレしますのでご注意を。 仲睦まじく出来すぎの夫婦に思えた程鳳台夫妻がケンカして別居状態に。 といっても原因は妻の弟。いかにも金持ちのボンボン的な范漣はとある女性と関係して子供を作…

『君、花海棠の紅にあらず』 恵楷棟 温徳光 その6

原題:鬓边不是海棠红、英題:Winter Begonia) エピソード23まで鑑賞。 テレビで見かけた回に追いつきました。 この回で出会えたのは幸運でした。どの回でも惹かれたかもしれませんがこの小周子との出会いは確かにはっとします。これ以後どうなるかは私はま…

『君、花海棠の紅にあらず』 恵楷棟 温徳光 その5

原題:鬓边不是海棠红、英題:Winter Begonia) 19話まで鑑賞しました。 このドラマに出会えたことに感謝するばかりです。 激動の中国史上、長い歴史を背負う京劇の若き才能・商細蕊はさらに古い歴史を持つ崑劇の名手でもあります。彼は梨園に育ち字の読み書…

『君、花海棠の紅にあらず』 恵楷棟 温徳光 その4

原題:鬓边不是海棠红、英題:Winter Begonia) エピソード16まで鑑賞。 京劇のすばらしさ、細蕊の美しさを堪能しました。 京劇を題材にした作品といえばどうしてもレスリー・チャンの『覇王別姫』を思い出さずにはいられません。 あの作品では蝶衣の兄弟子…

『君、花海棠の紅にあらず』 恵楷棟 温徳光 その3

原題:鬓边不是海棠红、英題:Winter Begonia) エピソード8まで鑑賞。 ネタバレしますのでご注意を。 『瓔珞<エイラク>』スタッフ作品ということで『瓔珞<エイラク>』で見知った顔と再会できてうれしい。 特に瓔珞の義兄・袁春望(王茂蕾)との再会は嬉し…

『君、花海棠の紅にあらず』 恵楷棟 温徳光 その2

原題:鬓边不是海棠红、英題:Winter Begonia 黄暁明(ホアン・シャオミン)演じる程鳳台見惚れてしまうかっこよさです。 彼は西洋に留学していたこともあって京劇よりも西洋の映画のほうが良いという嗜好なのですがふとしたことで商細蕊と出会い彼を知るごと…

『君、花海棠の紅にあらず』 恵楷棟 温徳光

原題:鬓边不是海棠红、英題:Winter Begonia テレビ放送で20話あたりを偶然見かけてしまい目を奪われてしまいました。 後で調べたらこれも『瓔珞<エイラク>』スタッフ製作ということでその力量に驚かされます。 とにかく途中からでは我慢ならないのでこれも…

『尚食』その3

wowowにて12話まで鑑賞。 ここ数日あれでもないこれでもないともがいていますが結局今はこれが一番見ごたえあります。 大きな声では言い難いのですが例の『オクニョ』も続けて観たらちょっと落ち込みました。 今連続で観ていけそうなのは本作『尚食』とディ…

『如懿伝』ラストパート

テレビ再放送観ていたらラスト近くになって我慢できず以前録画していたのを観てしまいました。 先日『瓔珞』との比較を書きましたがやっぱり私は『如懿伝』が好きなようです。 ネタバレしますのでご注意を。 特にこのラストパートの苦みは何とも言えません。…

『尚食』その2

お坊ちゃまと飯炊き女のラブストーリーだと思っていたらほとんどそうした話にはならないのが面白いです。 ネタバレしますのでご注意を。 これまで観てきた(って数作品に過ぎませんが)紫禁城ものは皇帝ひとりが絶大な権力を持ち皆がそれにへいこらする設定…

『瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~』その17『如懿伝』との比較

台風のおかげもあって『瓔珞』最後にきて怒涛の鑑賞ができました。 となれば恒例『如懿伝』との比較をせずにはおられません。 ネタバレしますのでご注意を。 さてまずざっくり比較感想を書きます。 『瓔珞』途中までは『如懿伝』を越える勢いで面白かったの…

『瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~』その16

どうなるの?どうなるの?どうなるの? とはらはらです。 ネタバレしますのでご注意を。 しかしいくら何でも明玉をこんな形で死なせてしまうとは冷酷極まりないドラマですな。 思えば瓔珞はこれまでずっと自分のためではなく明玉を救いたい一心で後宮に入り…

『瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~』その15

おもしろくなってきました。 やはり順調に言っている時より困難の時ほど瓔珞の知性が光りますね。 ネタバレしますのでご注意を。 いきなり葉侍医の女装が出てきて腹痛い。共演者はよく笑わずに演技しました。 飛ぶ鳥を落とす勢いだった瓔珞ですが本来の願望…

『瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~』その14

第54話まで鑑賞。 前回はダレ場と書きましたが物語が大きく動き出しました。 ネタバレしますのでご注意を。 袁春望が再登場して嬉しくなりました。 私はどうやら彼が大好きです。 恒例の『如懿伝』比較で言えばあの作品には彼がいない気がします。 謀の中の…

『瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~』その13

様々な出来事が次々と起こってはいきますがいわばダレ場になるのかもしれません。 それでも目を離せませんが。 ネタバレますのでご注意を。 皇帝の心を再び射止め紫禁城へと戻った瓔珞は目まぐるしいほどに様々な攻略で皇帝の寵愛を引き寄せ他の妃嬪の追随を…

『瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~』その12

あー言えばこう言う。 瓔珞ならばひろゆき氏とも渡り合えるであろう。 ネタバレしますのでご注意を。 恩師であり姉とも慕った皇后の死後、瓔珞は義兄妹となった袁春望と共に円明園の雑役女官となります。 しかし太皇后の誕生日祝いが行われたのを機に運命が…

『瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~』その11

ついつい見惚れて文章を書くのを忘れてしまいます。 瓔珞を好きになってしまうのは当然ですね。 ネタバレしますのでご注意を。 辛者庫の苦役からやっと逃れた瓔珞は皇后の元へと戻ります。 高貴妃に突き落とされ流産の上昏睡状態だった皇后がついに目覚めま…

『瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~』その10

もうすっかり『瓔珞』迷になってしまいました私です。 それぞれの良さがあるので選択する必要はないのですが比較していくと『如懿伝』よりも確かな深みがあるのですね。 ネタバレしますのでご注意を。 そうでした。 『如懿伝』で炩妃の美しさを認めて「私の…

『瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~』その8

急転直下。 これも必ずある設定ですね。 ネタバレしますのでご注意を。 才気煥発。学問はなくても持ち前の知恵で陰謀渦巻く後宮を生きぬき皇后のお気に入りとなった瓔珞。 ついに姉の仇を討ちました。しかも自ら手を下すことなく天命を求め落雷によって仇敵…

『瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~』その7

うっかりしました。 本作『瓔珞』と『如懿伝』の比較を続けて共通点と差異を挙げてきました。 その中で「本作の高貴妃は『如懿伝』には不在」と書いていたのですがよくよく考えてみたら「高貴妃」は『如懿伝』での「高晞月」ですね。あちらではほとんど「慧…

『瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~』その6

(優美な皇后様。大好きにならずにおれません。ちょっと松坂慶子さんを思わせます) 確かに面白いです。 よくもこう次から次へと知恵が回るものだと感心します。 私的には清朝のコナンと名付けたいですね。 ネタバレしますのでご注意を。 皇帝・皇后・皇太后…

『瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~』その5

これを観ていたら誰しも皇后を好きになってしまうでしょう。しかしどうしてもあまりに良い人だと不安になってきます。 18話まで鑑賞。 ネタバレしますのでご注意を。 (というかすでに運命は知っていますが) 『如懿伝』でも出産にまつわる話は数々ありまし…

『瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~』その4

向かって右が瓔珞です。この顔を観てもよく描かれる絵画のよう、と思ってしまいます。 ネタバレしますのでご注意を。 母親に酷く罵られる嫻妃。昔の物語は毒親が当然のように出てきます。そのために人格が歪み人生が狂っていくのです。逆に言えば毒親がいる…

『瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~』その3

次々と問題が起きるのを次々と瓔珞が解決していきます。日本でこれができるのはコナン君か安室透くらいでありましょうか。 第10話まで鑑賞しました。 というわけでネタバレしますのでご注意を。 どうしても『如懿伝』と重ねて観ていってしまいます。 今のと…