ガエル記

散策

『機動戦士ガンダムNT』吉沢俊一

先日観た『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』が良かったので続けてこちらも鑑賞。 あまりの面白さに『ハサウェイ』がややかすれて思えるほどでした。 本来のガンダムシリーズというのはこちらの道なのではないかとすら思えるほどです。 とはいえレビュー…

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』村瀬修功

主人公ハサウェイがブライト・ノアの息子という触れ込みはさすがに往年の『ガンダム』ファンには抗い難い価値観での鑑賞となりました。 結果ここまで良質な作品になっているとは思いませんでした。 ガンダムシリーズは常におおかたの日本製アニメの枠外を走…

『帝銀事件 死刑囚』熊井啓

かなり前から観たいと思いながらなかなか機会がなくやっとアマゾンプライムで観ることができました。 熊井監督作品は幾つか観ているのもあって期待はしていましたが想像以上に恐ろしい迫力の映画でした。 事件の推理などはできようもありませんが昭和23年(1…

『ジョゼと虎と魚たち』犬童監督版鑑賞挫折

ちらりと報告。 田辺聖子著『ジョゼと虎と魚たち』に感動しタムラコータロー監督アニメ版にも感激し続いて犬童一心監督版をしばらく見続けたのですがどうしても辛抱できず挫けてしまいました。 比較をするための研究鑑賞と思ったのですが我慢の許容量を超え…

『ジョゼと虎と魚たち』タムラコータロー

アニメ版『ジョゼと虎と魚たち』 思いがけぬきっかけで観ることになってしまったアニメ作品でした。それがなければ観なかったかもしれないと思えばどこでどんな巡りあわせがあるかはわからないものです。 今観終えたばかりでの勢いで少し書きたいのですが素…

『ジョゼと虎と魚たち』田辺聖子

突然この小説を読むことになってしまいました。短編集の中の一遍で驚くほどに短い小さな作品なのです。 事の発端はネットでこの小説を原作としたアニメ映画についての批評を読んだことでした。 それは自身も障害者であると記されている方がアニメ映画を観て…

『ヘルムート・ニュートンと12人の女たち』

wowowにて鑑賞。 フェミニズムがまた大きく語られている時に観ると特に面白く興味深いドキュメンタリーなのではないかと思います。 ツイッターなどのSNSもあって社会で起きる様々な事柄に様々な人の評価が伝播していきます。 地方の一女性が自分の意見を公に…

『少女革命ウテナ』ラスト

ラスト2話には世界における男性女性のシステム=からくりが劇的に示されています。 観ているのが辛いほどです。 これを観た男性はどう思うのでしょうか。声が聞こえてくるように思えます。 「これはお姫様と王子様の物語に過ぎない。だが俺たち男の大半は王…

『少女革命ウテナ』何度目かの鑑賞

幾原邦彦作品を遡っていたのでやはりこれを観ないわけにもいかずいったん観始めると止めるわけにはいかなくなってしまったのでした。 1997年製作放送の連続TVアニメなのですから今とは感覚が違うと書きたいところですが25年近く経ってもそこまで差異は感じら…

『 Sonny Boy 』夏目真悟 再鑑賞&再考察 その7

再鑑賞も最後になってしまいました。なんだろう。二倍の寂しさになってしまったような。 それでももう一度確かめてみてよかったです。 やはりいろいろ見落としているものです。 ではネタバレしますのでご注意を。 第11話「少年と海」 この見出しタイトルはヘ…

『 Sonny Boy 』夏目真悟 再鑑賞&再考察 その6

第9話「この鮭茶漬け、鮭忘れてるニャ 」第10話「夏と修羅」いきます。 正直ここはかなり複雑に感じられててあまりよくわからないのです。 むしろ感覚を信じたほうがいいのかもしれません。 ネタバレしますのでご注意を。 第9話「この鮭茶漬け、鮭忘れてるニ…

『 Sonny Boy 』夏目真悟 再鑑賞&再考察 その5

第7話「ロード・ブック」第8話「笑い犬」まで来ました。 怖ろしいほど『SonnyBoy』世界の中に入り込んでいるようで自分自身この漂流世界を体験しているように感じます。 ネタバレしますのでご注意を。 第7話「ロード・ブック」 秀逸なSF短編です。 ここまで…

『 Sonny Boy 』夏目真悟 再鑑賞&再考察 その4

さて続けてまいります。 こんなにリピ繰り返してもまだよくわからないという楽しいアニメはそうそうない。 やはり『ツインピークス』価値目指しているとも言えます。 ネタバレしますのでご注意を。 第五話「跳ぶ教室」 アキ先生のことばが皆の気持ちをあらわ…

『 Sonny Boy 』夏目真悟 再鑑賞&再考察 その3

もう少し書いておこう。 ネタバレしますのでご注意を。 第4話「偉大なるモンキー・ベースボール」マジでわからん謎回です。 キャップの語りのみで進む時間が長すぎるしね。 そして長良がほんとうに苦しむ回でもあります。 元野球部ではあったらしいのですが…

『 Sonny Boy 』夏目真悟 再鑑賞&再考察 その2

昨日は1・2話を元にした考察をしました。今回は3・4話を元にして考えていきます。 昨日の記事で本作は異世界への漂流というSFを土台にして現在の子どもたちの人生と苦悩を当てはめていると書きましたがそれだけでもなく夏目監督の現在日本のアニメ作品への批…

『 Sonny Boy 』夏目真悟 再鑑賞&再考察 その1

『SonnyBoy』このままさよならは寂しいし再鑑賞すればまたなにかつかめるのかもともう一度(二度三度)観て再考察してみます。 久しぶりに1話2話を観てみたら最初の頃は結構雰囲気がが違うのですね。 そしてこれから新しい物語を作り出していこうとする昂ぶ…

『 Sonny Boy 』#12「二年間の休暇」夏目真悟

いやもうね。絶対悪くはならない、と思いながらも(しゃれではない)最後だけ緩かったら悲しいな、とついつい思案したのは結局杞憂に過ぎず想像した以上の完璧な最終回でした。 オリジナル製作自体が困難でしかもここまで売れ線を外し切った企画がどうして成…

『コードギアス 反逆のルルーシュ』

という画像を挙げていますがこれを観てるわけじゃないのが辛い。自分が住んでいる場所ではやっていないのか探したけどわからなかったのでした。 というか実を言うと偶然dアニメストアで観ている途中でこの情報を得たのですが徒労に終わったようです。がっく…

『少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録』幾原邦彦

凄まじいイメージが怒涛となって溢れ出してくる作品でしたね。 少女にとって自分が女性であると認識することがなんの躊躇いもなく誇りとできる日は来るのだろうか、とさえ考えてしまいます。 本作はいわばそうした決断をした少女たちの物語なのではないでし…

『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』神山健治

もう数えきれないほど見返してきたけどまた観てます。 てか再生し始めたら止まらない。 ここまで面白くクオリティ高いアニメは数少ない。 まずはルックでストレス少ないのが嬉しいです。 こうした大人の作品が増えて欲しい、と願ってばかりですが攻殻機動隊…

『007 スペクター』サム・メンデス

ツイッターでタイトルとダニエル・クレイグの画像を見てついつい観てしまいました。 再鑑賞です。 先日も書いたけど一時期ダニエル・クレイグにはまっていた時があって同時期ベン・ウィショーにもはまっていました。 何しろ『スペクター』はふたり共演なので…

『 Sonny Boy 』#11「少年と海」夏目真悟

いよいよ物語も押し詰まってきてちょい悲しい気持ちになっています。 こんな凄い日本製TVアニメを次に観るのはいつになるのでしょうか。 ネタバレしますのでご注意を。 とややフライング気味です。まだ後一話あるので考察で絶対とは言い難いはずですがやはり…

『輪るピングドラム』幾原邦彦 その5

第24駅まで再鑑賞終了しました。 今更ながらこの作品は今もっとも観なければいけないもので一番大切なことが描かれていると確信しました。 映画化されるのはほんとうによかった。 もう一度この作品が多くの人に観てもらえて幾原邦彦監督の考えを知ってほし…

『輪るピングドラム』幾原邦彦 その4

20駅まで鑑賞。もっと進めてもよかったのですが20駅は素通りできる内容ではないのでここで書き記してみます。 最初の馬鹿々々しいほどのふざけ気分は影をひそめ真実をみつめなければならない段階に移った、のです。 リンゴの行動を「とんでもない非常識」…

『輪るピングドラム』幾原邦彦 その3

第16駅まで鑑賞。 このあたりになると複雑になってきて覚えているわけないといっても過言ではないです。 とにかく覚えていませんでした。 2シーズンの一気鑑賞というのはやはり過酷なのではないでしょうか。しかもこんな難しい内容の作品の。 ネタバレします…

『輪るピングドラム』幾原邦彦 その2

やっぱりこれでダメだと思いなおして再鑑賞の再鑑賞しています。 なんだろう。とにかく情報量が多すぎるのでそれでもまたやっと気づくことがあるのですがたぶんまだあるのだろうなと。 ネタバレしますのでご注意を。最後までわかっているネタバレです。 一応…

『輪るピングドラム』幾原邦彦

イクニ世界逆探検。『輪るピングドラム』は一度鑑賞していたつもりだったのですが観なおしてみると案外覚えていないことに気づきました。シリーズものをまとめて一度観ただけではなかなか把握してはいないものですね。なので今回観なおしたつもりでもまだま…

『 Sonny Boy 』#10「夏と修羅」夏目真悟

『夏と修羅』これはもう宮沢賢治好きならすぐにわかりますね。宮沢賢治著『春と修羅』から作られたタイトルです。 しかも冒頭がステーションだったので「お、これは銀河鉄道の夜のパロディか?」となったのですがそうそう単純な移し替えをしないのが夏目監督…

『ユリ熊嵐』幾原邦彦

『さらざんまい』を観ていたらイクニ作品をもう一度観ていきたくなり後退する形式で本作をまず鑑賞してみます。 イクニ作品と言えば『少女革命ウテナ』『輪るピングドラム』『ユリ熊嵐』『さらざんまい』ということになると思います。どの作品も単なる筋書き…

『007 カジノ・ロワイヤル』(2006)マーティン・キャンベル

なぜか唐突に観たくなり鑑賞。 ダニエル・クレイグだけじゃなくマッツ・ミケルセン、エヴァ・グリーンも楽しめるお得な一作です。おっとジュディ・デンチ姉御も忘れてはいけない。 一流の紳士でありタフ・ガイであるダブルオーセブンの未熟期を描いたという…